テーマ:絵画

5月20日(土)

春を待つ 昨日辺りからすっかり夏めいて来ましたが、この絵は、今年初め、早く春が来ないかな~と思いながら描いていたものです。  新鮮な野菜を見ると、楽しくなり、春の訪れを感じます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安曇野好日

万水川 5月3日~6日、楽蜻庵に行き、安曇野を散歩しながらスケッチを楽しみました。  この絵は昨年、穂高のわさび田を流れる万水川でスケッチしたものを元に、今年初め油彩で描いたものです。 万水川
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

3月29日(水)

有明山 3月20日(月) お天気が良かったので、楽蜻庵から歩いて10分くらいの所にある中房川に散歩に行きました。 これは中房川の川辺から見た有明山です。  晴れているとはいえ、まだ雪解けの水はとても冷たく感じましたが、空気が美味しく、遠くに見える山々は、気高く澄んだ色で思わず拝みたい気分になります。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1月14日(土)

寒い日が続いています。  こんな時は家でゴロゴロしているのが一番と新聞を見ると、“世界三大悪妻”のことが書いてあるのを見つけました。 これは見逃せないと読んでみると、数日前モーツアルトの妻が、夫の死後楽譜を二つに裂いて(その方が価値が高まったそうです)売ったのが、大英博物館で170年ぶりに再会したという話題から始まった記事でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月7日 

初春 春をイメージして描きました。 今日は七草の節句。 スーパーで売っている七草粥セットでお粥を作りました。  情けないことに、すぐに名前が解るのは、すずな、すずしろくらい。  改めて山野草図鑑を見ながら草の名前を調べました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大晦日

寒雀 ダンボールを好きな形に切って、その上に和紙に描いた絵を貼り付けました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス

マニフィカートの聖母フィレンツェ、ウフィツィ美術館にある、サンドロ・ボッティチェリの“マニフィカートの聖母”の部分の模写です。 1481~82年頃の作といわれています。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスイブ

天使フラ・アンジェリコの絵画の中の好きな部分を模写したものです。 金箔を貼ったり、瑪瑙棒で擦ったりと楽しかったです。                           
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2005年11月1日(火) 晴れ

わん、わん、わん。  11月1日 今日は犬の日。 高輪のももちゃんに乾杯! このブログは、絵画のブログにするはずだったのに、いつのまにか映画のブログのようになってしまいました。 きょうからは、少しずつ絵を発表したいと思います。 10月30日が一番火星が大きく見えるはずだったのに、雲が出て出会えませんでした。 今日は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

<めし> 

1951年 東宝 98分 監督: 成瀬巳喜男 製作: 藤本真澄  原作: 林芙美子  脚色: 田中澄江  井手俊郎  撮影: 玉井正夫  音楽: 早坂文雄  美術: 中古智  スクリプター: 川端康成 出演 岡本初之輔:上原謙    岡本三千代:原節子    里子(初之輔の姪):島崎雪子     竹中雄蔵:…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

<茶の味> 

2004年 「茶の味」製作委員会 144分 監督 石井克人 製作 滝田和人 和田倉和利 脚本 石井克人 撮影 松島孝助 音楽 リトルテンポ 出演 春野ハジメ(高校一年生):佐藤貴広    春野サチコ(ハジメの妹):坂野真弥    春野アヤノ(美子の弟、CD作りのプロ、ミキサー):浅野忠信    春野美子(母):手塚…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

<ジャスト・マリッジ> 

2003年 アメリカ ショーン・レヴィ監督 95分  ビリヤード屋で育ち、交通情報専門のラジオ局のキャスターをしながらスポーツ・ライターを夢見るトム(アシュトン・カッチャー)とビバリー・ヒルズに住む富豪の娘サラ(ブリタニー・マフィ)。 出会ってすぐに同棲し、サラの親の反対を押し切ってまで結婚した二人だが、歴史、絵画、シャンパンの好き…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

<コン・エアー> 

1997年 アメリカ サイモン・ウェスト監督 116分  身重の妻を護るため殺人を犯してしまった元兵士のポー(ニコラス・ケイジ)は、8年の刑を終え、仮釈放となるが、凶悪犯と共にコン・エアー(護送専用機)に乗車中、囚人たちのハイジャックに巻き込まれる。  派手なアクションの連続は、エンターテイメント性があって素晴しいが、それよりも悪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<暗黒街の顔役> 

1959年 東宝 岡本喜八監督 102分  ヤクザの社会から足を洗いジャズ歌手になろうとする弟の峰夫(宝田明)と、それを許そうとしない親分横光(河津清三郎)との板ばさみになり、苦境に追い込まれる兄、小松竜太(鶴田浩二)のアクション物語。 ボスの女でクラブのママのリエに草笛光子、修理工場のオーナーでヤクザに脅されている樫村に三船敏郎、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<デアデビル> 

2003年 アメリカ マーク・スティーヴン・ジョンソン監督 104分  昼は弁護士、夜は仕事人と二つの顔を持つ盲目のアメコミヒーロー“デアデビル”の映画化。  幼い頃、放射性廃液を浴びて盲目になったマック(ベン・アフレック)だが、そのほかの4つの感覚が研ぎ澄まされていき、特に聴覚は超人的なレーダーセンスを感じるようになる。 その後…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

<オードリー・ローズ> 

1977年 アメリカ ロバート・ワイズ監督 114分   ジャニス(マーシャ・メイソン)とビル(ジョン・ベック)は、娘アイビー(スーザン・スウィフト)が夜うなされ、起こすと覚えてないということが続くので心配していた。 そんな時アイビーを付け回す男が現れる。 その男はエリオット・フーバー(アンソニー・ホプキンス)、哲学者で冶金学者だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<carmen.カルメン> 

2003年 スペイン ビセンテ・アランダ監督  プロスペル・メリメの原作に忠実に映画化。 狂おしくも情熱的な悲恋だそうです。  古典学者で考古学者そして作家でもあるプロスペル(スペイン風の名はプロスペロ)は、1830年(フェルナンド7世の時代)、ナスル王朝やウマイヤ王朝の遺跡の研究のためスペイン(コルドバ、グラナダ)を訪れ、コルド…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

<LOVERS> 

2004年 中国 チャン・イーモウ監督 120分  西暦859年唐代末期、朝廷に反対する勢力が台頭していた。 中でも反乱軍の最大勢力「飛刀門」は、朝廷を脅かしていた。 官吏のリウ(アンディ・ラウ)は捕吏のジン(金城武)に遊郭にいる踊り子が手がかりと内偵させ、盲目のシャオメイ(チャン・ツィイー)を捕らえる。 なかなか口を割らないシャオ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<シモーヌ> 

2002年 アメリカ アンドリュー・ニコル監督 118分  わがままな主演女優ニコラ(ウィノナ・ライダー)が降り、監督のヴィクター・タランスキー(アル・パチーノ)が困っているところに、ハンクという男が現れ、“人間の役者は不要”バーチャル女優を創りだすコンピューター・ソフトを開発したから、芸術と科学を合体させ一緒に仕事をしようと持ちか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<王妃マルゴ> 

1994年 フランス パトリス・シェロー監督 144分  文豪A・デュマの小説の映画化。 16世紀のユグノー戦争前後のフランスが舞台。 シャルル9世(ジャン=ユーグ・アングラード)が10歳で王位についてから、実権は母后のカトリーヌ・ド・メディチ(ヴィルナ・リージ)の手中にあったが、プロテスタントの主導者コリニー提督が王の信頼を得たこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

<アナライズ・ユー> 

2002年 アメリカ ハロルド・ライミス監督   ストレス症のマフィアのボス、ポール・ヴィッティ(ロバート・デ・ニーロ)と気の小さい精神科医ベン・ソボルこと通称ドク(ビリー・クリスタル)とのおかしな友情を描いたパート2。  今回はもうじき仮釈放のポールは、刑務所内で殺し屋に狙われ、頭がおかしくなった振りをしてドクを呼ぶ。 この時デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<しあわせの法則>

<しあわせの法則>という題に惹かれて見てしまった。 出演は、「容疑者」のフランシス・マクドーマンド、「リベリオン」のクリスチャン・ベール、「金の嘘」「アンダーワールド」のケイト・ベッキンセール、「サバイビング・ピカソ」のナターシャ・マケルホーンとスゴク豪華なデンマーク映画。 母と息子の生き方に対する葛藤がテーマ。 息子は母の奔放な生き…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

<ラストサムライ>

昨日はテレビで<ラストサムライ>を見ました。 西郷隆盛、大久保利通のような登場人物が、西南戦争みたいな設定の中で描かれている感じのものでした。 期待して見た割にはちょっと眠かったかな。 描かれている風景は美しいとは思うけど吉野という感じではないし、桜といえば八重ではなく、山桜にしてほしいナー。 でも小雪さんはとてもうつくしい! B …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more