<人のセックスを笑うな> 

2008年 日本 137分
監督 井口奈己
原作 山崎ナオコーラ「人のセックスを笑うな」
脚本 本調有香  井口奈己
撮影 鈴木昭彦
音楽 HAKASE-SUN
出演 永作博美  松山ケンイチ  蒼井優  忍成修吾
   市川実和子  あがた森魚  温水洋一  桂春團治

地方の美術学校に通う19歳のみるめ(松山ケンイチ)は、新任の39歳の版画講師ユリ(永作博美)に惹かれます。 ある日みるめはユリにモデルを頼まれ、ユリのアトリエに行き、関係を持ってしまいます。 それ以来みるめはユリに夢中になるのですが、みるめを好きだった同級生のえんちゃん(蒼井優)は、そんな二人の関係を知ってショックを受けるのでした。 そんなある日、みるめはユリが猪熊(あがた森魚)と結婚していることを知って愕然とし、ユリと別れようとするのですが…。

ユリとみるめの関係が恋愛というよりは、年上の女性に翻弄されている感じで、ユリのような人いるな~と思いつつ見てしまいました。 みるめの戸惑いやオドロキが可愛らしく、彼に嫉妬するえんちゃん、同級生の堂本(忍成修吾)なども自然な感じに描かれていましたし、ユリの同級生だったという山田先生(温水洋一)、夫でカメラマンの猪熊さんなど、個性的で面白いと思いました。 ちょっと長くてダラダラしたドラマでしたが、この位の長さがないと雰囲気が出せないのかもと思います。 
B B
 

"<人のセックスを笑うな> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント