<ソウ4> 

2007年 アメリカ 96分
原題 Saw IV
監督 ダーレン・リン・バウズマン
脚本 パトリック・メルトン  マーカス・ダンスタン
撮影 デヴィッド・アームストロング
音楽 チャーリー・クロウザー
出演 トビン・ベル  スコット・パターソン  ベッツィ・ラッセル
   コスタス・マンディロア  リリク・ベント  アシーナ・カーカニス
   ダニー・ウォールバーグ

ジグソウ(トビン・ベル)が亡くなり、司法解剖されますが、ジグソウの体内から蝋でコーティングされたメッセージテープが発見され、ホフマン刑事(コスタス・マンディロア)が呼び出されそのテープを聴くのでした。 そしてSWATの隊長リッグ刑事(リリク・ベント)、FBIのストラム捜査官(スコット・パターソン)やペレーズ捜査官(アシーナ・カーカニス)も、ジグソウの協力者を捜し出そうと捜査に取りかかるのでした。 リッグはなんとしても行方不明になったエリックを見つけ出そうと必死になるあまり精神的にも疲労してしまい、ホフマンから家で休むようにと無理矢理自宅に帰されてしまいます。 
リッグは自宅に戻ると何者かに襲われ、気が付くとジグソウのメッセージを受け取っていて、TVモニターには行方不明になっていたエリック刑事(ダニー・ウォールバーグ)と先ほどまで一緒に居たホフマン刑事が囚われている姿が映し出されているのでした。 90分以内にエリックとホフマンの所に行ければ、二人の命は助かるというのですが次第にジグソウと同じ手口のゲームに巻き込まれ翻弄されていき…。 

いきなりジグソウの死体の解剖シーンから入るのですが、今までの行きがかり上、それなりに覚悟が出来ているので、それほどのショックは受けませんでした。 そしてジグソウの誕生の話が語られ、1~3話のダイジェストのようなものが織り込まれ、結構過去のシリーズが蘇ってきて面白かったです。 最後はパート5の予告まで入っていたのですが、全部完結したら始めから完結編まで順番に観て見たいと思いました。 
B B

"<ソウ4> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント