<甘く、殺伐とした恋人> 

2006年 韓国 112分
原題 My Scary Girl
監督 ソン・ジェゴン
脚本 ソン・ジェゴン
撮影 ハ・ジェヨン
音楽 ナ・ハナ
出演 パク・ヨンウ  チェ・ガンヒ  チョ・ウンジ
   チョン・ギョンホ  イ・ヒド

30歳を過ぎたのに、未だに恋愛経験のない大学講師のファン・テウ(パク・ヨンウ)。 同じアパートに引っ越してきたミナ(チェ・ガンヒ)に好意を持ち、デートに誘いテウは大いに満足し次回を申し込むのですが、ミナはとても退屈だったと断られてしまいます。 そんなミナに、テウはこう言ったらこう返すつもりだったと言い返すので、ミナは呆れながらも仕方なく付き合うようになり、次第に心が通い合うようになるのでした。 そんなある日、ミナは突然現れた一年前に別れた恋人を弾みで殺してしまい、弁護士のミン・ファンギ(イ・ヒド)に死体の処理を相談するのですが…。 その頃テウは、ふとしたことからミナが身元を偽っていることを知り、彼女の身辺を調べ始めるのでした。

たまたま好きになってしまった女性がとんでもない秘密を抱えていたというだけのコメディなのですが、実は殺人を犯してはいなかったとなるのではと思っていたのに、本当にたくさんの人を殺していたと笑うに笑えないストーリーでした。 殺したのが一人だったら目をつぶろうと思ったのにというテウにも困ったものです。 あんなに無邪気に人を殺せるのって才能なのかな~。 コメディとはいえ不謹慎で呆気に取られてしまったのですが、意外に面白かったりして…。
C C

"<甘く、殺伐とした恋人> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント