<ペン偽らず 暴力の街> 

1950年 日本 112分
監督 山本薩夫
原作 朝日新聞浦和支局同人
脚本 八木保太郎  山形雄策
撮影 植松永吉
音楽 斎藤一郎
美術 五所福之助
出演 原保美  三島雅夫  志村喬  池部良  河野秋武
   宇野重吉  岸旗江  三條美紀  伊豆肇  小沢栄

地方都市、東條町では警察の後援会長で町議会の議員をしている地元暴力団組長の大西(三島雅夫)が町を牛耳り、暴力が横行し、不正が行われていましたが、町民は大西の仕返しを恐れて泣き寝入りする日々が続いていました。 そんなある日、新任の記者北(原保美)がこの様子を見て直接大西に抗議した際、公衆の面前で殴られたことがきっかけで、佐川支局長(志村喬)をはじめとし、同僚の記者たちが立ち上がり、他の新聞社も体制側に付き孤立無援の中、大西の不正を糾弾しようと行動を開始するのでした。  大西の被害にあった人々から事情を聞き出そうとするのですが、妨害に遭い被害者たちはなかなか口を開きません。 まず若者を中心に一人ずつ意識の改革をと運動していくうち、次第に平和を取り戻していくのでした。

このドラマは、埼玉県本庄町、現在の本庄市を改善しようと朝日新聞浦和支局の記者たちが暴力追放キャンペーンを繰り広げた実際の体験ルポなのだそうですが、我々が気を抜けばまたこのような社会になってしまうというナレーションが流れてドラマが終わります。 実際にこれに近いことがあったとは考え難いと思ってしまったのですが、志村喬が味わい深い支局長を演じ、記者たちも生き生きと描かれていています。

"<ペン偽らず 暴力の街> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント