<日本以外全部沈没> 

2006年 日本 99分
監督 河崎実
原作 筒井康隆「日本以外全部沈没」
脚本 右田昌万  河崎実
撮影 須賀隆
音楽 石井雅子
出演 小橋賢児  柏原収史  松尾政寿  土肥美緒  筒井康隆
   藤岡弘  村野武範  デーブ・スペクター  寺田農  松尾貴史

小松左京の「日本沈没」をパロディにした筒井康隆の同名小説の映画化。
2011年、天変地異によってアメリカ大陸が沈没し、次いで一週間後には中国大陸、その後ユーラシア大陸、アフリカ大陸が沈没。 日本以外の陸地がすべて沈没してしまったため、日本には世界各国の要人が難民として押し寄せてきます。 各国の要人たちは日本の総理大臣(村野武範)の顔色を伺い言いなりになり、日本人は特権階級となって外人たちを思うままに使い始めるのですが、外国人たちはそんな生活に不満が爆発寸前になりながらも国外追放される事を恐れ、言いなりになっているのでした。

始まって直ぐにこれは内容が空っぽと解るので、その後ボンヤリ観るのにはよいかもしれませんが、見て損したと感じる人も多いのではと思います。 でもかなり日本人が発言したいようなことや真実に近いと思われる部分もあるので、笑えなくなるかもしれません。 題名に釣られ、風刺劇だと思って観るのを楽しみにしていたのですが、部分的には面白かったものの、当てが外れて笑えなかったし感動もできませんでした。 コメディなら笑わせて泣かせてってところがないと物足らないですね。 最後に日本人妻と恋に落ちて国外追放になるトム・クルーズみたいな名前のオスカー俳優が楽しかったのと、天文学の博士役の寺田農さんを始め何となく嘘っぽい日本人俳優たちの演技が面白かったです。 結局は日本も沈むって日本の天文学者一人しか考えていなかったとはバカげていて面白いかも…。 
D C

"<日本以外全部沈没> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント