<どろろ> 

2007年 日本 138分
監督 塩田明彦
原作 手塚治虫
脚本 塩田明彦  NAKA雅MURA
撮影 柴主高秀
音楽 安川午朗  福岡ユタカ
アクション監督 チン・シウトン
出演 妻夫木聡  柴咲コウ  中村嘉葎雄  原田芳雄
   杉本哲太  中井貴一  原田美枝子  瑛太

戦国の荒廃した世で、天下を統一したいと望んだ醍醐景光(中井貴一)は、生まれてくる息子の体48箇所を48の魔物に引き渡す取引をし、代わりに天下を治める力を授かりました。 生まれて直ぐに捨てられた百鬼丸(妻夫木聡)は、秘術を操ることのできる医師の寿海(原田芳雄)に拾われ、寿海はその赤ん坊に体の失われた部分を作り上げて人の形にし、妖刀を与え剣術を教えるのでした。 そして20年、大切に育てられ立派な青年に成長した百鬼丸は、失われた自分の体を魔物から取り戻す旅に出発するのでした。 そんな百鬼丸の左腕に埋め込まれた妖刀に興味を持った男装のコソ泥どろろ(柴咲コウ)は、百鬼丸を付回すようになるのでした。 

あまり期待しないで観たせいか、面白かったです。 百鬼丸が次々に妖怪を退治し、その度にどろろが妖怪の血飛沫を浴びてしまったりなど何だか笑えましたし、百鬼丸ののほほんとした感じ、どろろの弾けた感じが楽しく、育ての親の寿海や話の進行に重要な役目を持った琵琶法師(中村嘉葎雄)など良い雰囲気を出していました。 まだ24箇所しか取り戻していないので続編があるのかもしれません。 ラストシーンも楽しかったです。
C B


タラララさんの記事

"<どろろ> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント