<ふたつの恋と砂時計> 

2005年 韓国 98分
原題 Daddy-Long-Legs
監督 コン・ジョンシク
脚本 キム・ヒョンジュン
撮影 パク・ヒジュ
音楽 ハン・ジェグオン
出演 ヨンミ:ハ・ジウォン
   ジュンホ:ヨン・ジョンフン
   ヒョンジュン:ヒョンビン
   ヨンウ:パク・ウネ
   チョン:シニ

幼い頃両親を亡くしたヨンミは、彼女に援助をしてくれ、どこかで自分を見守ってくれるあしながおじさんのおかげで大学を卒業し、ラジオ局の放送作家として自立できるようになりました。 そして地方のラジオ局からソウルのラジオ局に抜擢され、プロデューサーの紹介で、局の近くの空き家を借りることが出来、そこで新たな生活を始めることになるのでした。

いつもあしながおじさんが誰なのか気になり、いつか会って今までの感謝の気持ちを伝えたいと思っているヨンミは、パソコンに感謝の気持ちを綴っていたのですが、ある日ヨンミのパソコンが壊れてしまったことで、空き家にあったパソコンに書き込もうとして、そのパソコンの中に書かれた、内気な女性ヨンウの片想いの物語を読んでしまいます。
ヨンウの切ない気持ちをその相手に伝えることが出来ればと、ラジオの番組の中でヨンウの物語を放送するのでした。

ヨンミの出会った気になる資料室の男性とヨンミの恋、メールの中のヨンウとヒョンジュンの恋を交錯し、ロマンティックで切ない物語を綴り韓国映画らしい世界を作っていました。 ヨンミのアシスタントのチョンとプロデューサーの、どうしてもチャットで惹かれあい出会ってしまうという恋を、明るくコミカルに描いているのも味付けになっていて楽しかったです。
でも病気とか死で観客を泣かせようとし、ハッピーエンドにならないのは、またかといった感じがして残念でした。
B C

"<ふたつの恋と砂時計> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント