<フラガール> 

2006年 日本 120分
監督 李相日
脚本 李相日  羽原大介
撮影 山本英夫
音楽 ジェイク・シマブクロ
出演 平山まどか:松雪泰子
   谷川紀美子:蒼井優
   谷川洋二朗:豊川悦司
   熊野小百合:山崎静代
   吉本紀夫:岸部一徳
   谷川千代:富司純子
   早苗:徳永エリ
   :寺島進  志賀勝  高橋克実

昭和40年、福島県いわき市の炭坑町では、閉山が相次ぎ町の活気が失われようとしていました。 そんな中で町の再生をと計画されたのがレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”。 地元の温泉を利用してフラダンスのショーを目玉に客を集めようとしていたのです。
施設で踊るダンサーを育てるために町から呼ばれた東京のSKDの元ダンサー平山まどかと谷川紀美子を始めとする地元の炭坑の娘たちの葛藤や奮闘振りを綴った常磐ハワイアン・センターの誕生の物語です。

出演者のフラダンスが見事で、特に最後の群舞や蒼井優さんのソロダンスは本人たちが本当に踊っているのだろうかと感動して見入ってしまいました。 昭和40年といえば、誰もがハワイに憧れ新婚旅行にハワイが人気の会った頃だし、フラダンスも新鮮に感じた時期だと思います。
松雪泰子さんが演じた実在の平山まどかさんも、現在もダンスの指導をしているという最後のテロップに元気が出て来ました。
B B

"<フラガール> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント