<マッチスティック・メン[PG-12指定]> 

2003年 アメリカ 116分 
監督 リドリー・スコット
脚本 ニコラス・グリフィン  テッド・グリフィン
撮影 ジョン・マシソン
音楽 ハンス・ジマー
出演 ロイ:ニコラス・ケイジ
   フランク:サム・ロックウェル
   アンジェラ:アリソン・ローマン
   クライン医師:ブルース・アルトマン
   チャック:ブルース・マクギル

潔癖症の詐欺師ロイのところに、別れた妻との間に生まれたというアンジェラという14歳の娘が現れ、ロイが詐欺師と知ると仕事を教えて欲しいと言ってロイを戸惑わせる。
アンジェラを演じるアリソン・ローマンは、子供とも大人ともいえない境目を魅力的に演じていて、父親をドキドキさせる様子が小悪魔的。
ニコラス・ケイジのロイは、とぼけたような一見切れ者風の詐欺師が、娘可愛さにオロオロしながら振り回されていくのが軽妙で楽しい。
物語りも二転三転して、誰が誰を騙しているのかと、最後まで予断を許さない感じで楽しめる。
騙し合いの1年後、ディスカウントストアでの再会を見て安心できたのでは…。
ロイの優しさにつけこむフランクたちは、師匠へお返しにしては、感心できません。
B B

"<マッチスティック・メン[PG-12指定]> " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント