<サラエボの花> 

2006年 ボスニア・ヘルツェゴビナ オーストリア ドイツ クロアチア 95分
原題 Grbavica
監督 ヤスミラ・ジュバニッチ
脚本 ヤスミラ・ジュバニッチ
撮影 クリスティーン・A・メイヤー
出演 ミリャナ・カラノヴィッチ  ルナ・ミヨヴィッチ  レオン・ルチェフ
   ケナン・チャティチ  ヤスナ・オルネラ・ベリー

エスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)は、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボのグルバヴィッツァ地区で、娘のサラ(ルナ・ミヨヴィッチ)と二人で暮らしています。 昼は服の直しをし、夜遅くまでナイトクラブで働くというギリギリの生活でしたが、それでも穏やかで幸せな毎日を送っていた。 サラは活発な女の子で、父親はボスニア紛争で祖国のために戦って亡くなった殉教者=シャヒードだと誇りを持っていて、サッカーをしていて喧嘩になったサミル(ケナン・チャティチ)とも同じシャヒードの遺児同士ということで仲良くなっていくのでした。 そんなある日、サラたちは修学旅行に行くことになり、学校からシャヒードの遺児は旅行の費用が免除になるから証明書を出すようにと言われます。 証明書を用意して欲しいと母に言っても用意しようともせず、必死になって修学旅行の費用を作り出そうとしている様子を見て父親について問い質すのですが、母は何も応えずただシャヒードだとしか言いません。 母に怒りをぶつけ銃を持って詰問すると、思いがけない事実を知ることになるのでした。

過去にも戦争で男性を殺して女性をレイプするという民族浄化が数多くありましたが、こんなに年月が経っても苦しみが続くのかと思うと何ともいえない気持ちにさせられます。
ボスニア・ヘルツェゴヴィナの民族戦争から十余年経ち、思い出したくない過去を忘れようと集団セラピーに通いながら女手一つで必死に娘を育てている母。 エスマは何気なく娘とふざけている時や、近くにいる男性の毛深い胸毛を見ただけで過剰に反応してしまう様子が哀れでしたし、娘に吐き出すように哀しい過去を告白した時の迫力が凄かったです。 
また、父は祖国の英雄と聞かされていた少女サラ。 母が父親と髪の色が似ていると言った時のサラの嬉しそうな笑顔が忘れられません。 自分は母が捕虜収容所で敵の兵士たちに犯されて生まれた子と知り絶望に陥ってしまったようですが、修学旅行に行くバスの窓から手を振る様子は、それまでの自由奔放なわがまま娘から少し大人になって、母へのいたわりの気持ちまで持てるようになったかのようでした。 泣き崩れそうに手を振るエスマも、サラへの愛情が伝わってきて感動的でした。
エスマは決して娘には話したくなかったと思いますが、真実を話すことで母娘の愛情が深まったのではと感じました。

ミリャナ・カラノヴィッチは熱演でしたが、ストーリーは始めから何となく予想していた通りでしたし、母の今も忘れられない心の奥底にある部分や母と娘の関係に集約されているのでとても良くまとまった秀作だとは思いますが、ドラマチックなものがなかったので、何か心に強く訴えてくる感じにはなれませんでした。 
B C

P.S. 同じ戦争を描いたデニス・クエイド主演の<セイヴィア>を思い出し、もう一度観たいと思いました。
捕虜になり敵の子を産んで自分の村に帰っても追い出されてしまった女性の歌う子守唄が印象的で、ドラマチックで強い衝撃を受けた作品です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kimion20002000
2008年12月07日 12:11
TBありがとう。
「民族浄化」という考え方は、考えるだに怖ろしいことですが、結局、人類史のほとんどはそういう歴史なんだな、と思うこともあります。
みのり
2008年12月14日 21:29
エスマの告白の場面は、憎むべき相手の子でも憎めないで愛おしいと感じているのが強く伝わってきて何とも言えない気持ちにさせられました。

この記事へのトラックバック

  • サラエボの花

    Excerpt:  『母娘、 真実を 生きてゆく』  コチラの「サラエボの花」は、12/1に公開された"ボスニア紛争から10余年、かつての戦火の街サラエボで、秘密を抱える母と真実に向き合う娘の、再生と希望の物語".. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-12-06 09:20
  • mini review 08306「サラエボの花」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: ベルリン映画祭で金熊賞ほか3部門を受賞し、そのほかの映画祭でも大絶賛されたヒューマンドラマ。ボスニア紛争の傷あとが残るサラエボを舞台に、秘密を抱える母親と驚がくの真実を知らされる娘の再生と希望の物語が.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-12-07 12:06
  • 「サラエボの花」

    Excerpt: 「Grbavica」...aka「Grbavica: The Land of My Dreams」 2006 ボスニア・ヘルツェゴビナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア ベルリン国際映画祭、金熊賞(.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2008-12-07 22:12
  • 映画評「サラエボの花」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年ボスニア・ヘルツェゴヴィナ=オーストリア=ドイツ=クロアチア映画 監督ヤスパラ・ジュバニッチ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-12-09 15:37
  • 『サラエボの花』'06・ボスニア・ヘルツェゴビナ・墺・独・クロ...

    Excerpt: あらすじ12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)と、つましく暮らすエスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)は、修学旅行を楽しみにするサラのため、旅費の調達に奔走している。そんな中、戦死者の遺児は修学旅行費が免除.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-01-25 23:31
  • 『サラエボの花』を観たぞ~!

    Excerpt: 『サラエボの花』を観ました第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争となったボスニア・ヘルツェゴヴィナの内戦によってもたらされた深い爪痕に苦しむ母娘の再生と希望の物語を描く衝撃と感動のヒューマン・ドラマ.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-10-30 22:42