<サルバドールの朝> 

2006年 スペイン・イギリス 128分
原題 Salvador
監督 マヌエル・ウエルガ
原作 フランセスク・エスクリバノ
脚本 ルイス・アルカラーソ
撮影 ダビ・オメデス
音楽 ルイス・リャック
出演 ダニエル・ブリュール  トリスタン・ウヨア  レオナルド・スバラグリア
   ホエル・ホアン  セルソ・ブガーリョ  メルセデス・サンピエトロ

1970年代初頭のフランコ独裁政権下のスペインで、サルバドール・ブッチ・アンティック(ダニエル・ブリュール)は、フランコ独裁政権に反撥して、労働者階級を豊かにし、自由な世界を作ろうと友人たちと無政府主義グループに加わり、反体制運動を始めます。 活動資金を得るために銀行強盗をし、家族からも遠ざかって様々な活動をしていくうち、警察にマークされるようになります。 ある日、仲間と待ち合わせた場所で待ち伏せされ、逃げようとして銃撃され、その混乱の中で警官を撃ってしまい、その警官は死亡、自身も瀕死の重傷を負い捕まってしまいます。 軍事法廷に掛けられますが、弁護側の証人は証言を拒否させられ、弾道検査もなく、検死もずさん。 一方的に裁判が進行し、死刑判決が言い渡されるのでした。 
死刑執行の時間が迫る中、家族が減刑の嘆願書を出したり、弁護士のアラウ(トリスタン・ウヨア)が弁護士協会にこの問題を持ち込み、世論も騒ぐのですが、なかなか恩赦が得られず、1974年3月2日、サルバドールは僅か25歳の若さで死刑に処せられるのでした。

この時代のことを歴史としてほんの少し知っているくらいで、感覚として分かっていないからなのかもしれないのですが、この映画よく分からなかったです。 実話だというのですが、サルバドールを描くなら、もっとサルバドールをカッコ良くというのが本当だと思うのに、そんなふうではないですし、当時の社会問題として描くのだとしたらもっと鋭い切り口があってもと思います。 描き方が軽すぎたので中途半端な印象を受け、何に対して感情移入していいのか分からないまま終わってしまったのです。
活動資金を得るためにだからといって、銀行強盗をしていいものなのか、いくら自分の生命に危険を感じたからといって警官を殺していいものなのか、鉄環絞首刑という死刑の方法は残酷すぎるし、理不尽な面は多々あるとか思いますが、かなり死刑に近い犯罪のようにも思えてしまったのです。 
フランコ独裁政権の弾圧の凄まじさをもっと描いてくれると、サルバドールの行った活動の必然性が少しは理解できたのではと思ったり、もっとヒーローとしてカッコ良く描けば、私たちが同情できたのではと思いました。
ヘスス(レオナルド・スバラグリア)という看守との交流、姉妹との家族愛は感動的でしたが、最後の時間が長過ぎて間延びした感じでした。
B C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サルバドールの朝

    Excerpt:  『もっと、生きたい。』  コチラの「サルバドールの朝」は、1970年代初頭フランコ独裁政権末期のスペインで完璧な自由を求め、25歳の若さで不当な判決により、バルセロナ・モデロ刑務所で1974年.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-12-04 01:00
  • 「サルバドールの朝」

    Excerpt: サルバドールの朝アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1970年代初頭、フランコ独裁政権下のスペイン。自由を愛し正義感にあふれた青年サルバドール・ ブッチ・アンティック(ダニエル.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2008-12-04 12:20
  • 映画評「サルバドールの朝」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年スペイン=イギリス映画 監督マヌエル・ウエルガ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-12-07 14:05
  • 「サルバドールの朝」

    Excerpt: 「Salvador (Puig Antich)」 2006 スペイン/UK 主演はドイツ、スペイン ハーフで、「青い棘/2004」「戦場のアリア/2005」のダニエル・ブリュール。 監督はスペイン.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2008-12-07 22:16
  • 『サルバドールの朝』を観たぞ~!

    Excerpt: 『サルバドールの朝』を観ましたフランコ政権末期のスペインを舞台に、不当な裁判によって死刑判決を受けた若きアナーキスト、サルバドールとその家族や友人の戦いを描く社会派ドラマです>>『サルバドールの朝』関.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-07-21 23:47