<フォーガットン> 

2004年 アメリカ 91分
原題 The Forgotten
監督 ジョゼフ・ルーベン
脚本 ジェラルド・ディペゴ
撮影 アナスタス・N・ミコス
音楽 ジェームズ・ホーナー
出演 ジュリアン・ムーア  ドミニク・ウェスト  ゲイリー・シニーズ
   アルフレ・ウッダード  ライナス・ローチ  ロバート・ウィズダム

14ヵ月前に飛行機事故で9歳の息子サムを失ったテリー・パレッタ(ジュリアン・ムーア)は、悲しみに打ちひしがれ、精神科のマンス医師(ゲーリー・シニーズ)の診療を受けていましたが、息子の思い出に浸る毎日を過ごしていました。 そんなある日、テリーは夫ジム(アンソニー・エドワーズ)とサムの三人が写っているはずの写真からサムの姿が消えていることに気付きます。 そればかりでなく大切にしていたビデオやアルバムからサムの姿が消えてしまったのでした。 ジムは始めから子供はいなかったと言うし、マンス医師は流産したショックで息子を創り出したのだと言うのです。 強い衝撃を受けたテリーは、サムの存在を立証しようと、同じ飛行機に乗って娘ローレンを失った元プロ・ホッケー選手アッシュ(ドミニク・ウェスト)を訪ねるのですが、アッシュは娘などいないと言い、警察に通報するのでした。 警察が来てテリーを連れ去った直後、アッシュはテリーの剥がした壁紙の下から現れた絵から娘ローレンを思い出し、警察に事情を説明しテリーを解放してもらおうとするのですが、テリーは既に安全保障局のデイトン(ロバート・ウィズダム)が引き取った後でした。 アッシュは、安全保障局のデイトンにテリーの釈放を要求しますが、聞き入れないので無理矢理テリーを逃がすのでした。 このため二人は警察からも安全保障局からも追われることとなります。 そんな中、ただ一人ニューヨーク市警のアン・ホープ刑事(アルフレ・ウッダード)は安全保障局の動きを不審に思い、テリーに接触しようとするのですが…。

子供を亡くしたと思っていたのはもしかしたらテリーの妄想なのか、あるいは何か陰謀に巻き込まれたのかと思わせ、誰もテリーを信じようとしないのだが、という最初の設定は秀逸だったのですが、たった一人彼女に理解を示していたホープ刑事が突然宇宙の彼方に飛んでいってしまった時には、何だか訳がわからず呆気にとられてしまいました。 せっかく面白そうと思っていたのに、犯人は宇宙人(ライナス・ローチ)で、目に見えない生体組織(母と子の絆)を調べていただなんて幻滅です。 どうやらテリーがいつまでも息子のことを忘れられなかったというテリーの母性愛の強さによって実験が失敗とみなされ、宇宙人は絆を断ち切ることが出来なかったことの責任を取らされ、いなくなった子供たちは全員親の元に戻って来たようです。 当然ホープ刑事も戻ってきたと思うのですが、そこは描かれていませんでした。
C C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タラララ
2008年12月30日 16:19
>突然宇宙の彼方に飛んでいってしまった時には、何だか訳がわからず呆気にとられてしまいました
ああ、自分と同じ (^^;;
普通にスリラーやサスペンスだと思って見ていたので、『ええええ~』と。
冒頭から多用されている俯瞰シーンも、宇宙人の視点という意味だったんですね (+_+)
○○と思わせておいて、実は…という映画は多くありますが、このオチは酷かったです。
まあ、そのお陰(?)で、自分には一生忘れられない映画になりました。
タイトルも「アンフォーゲタブル」にしてはどうでしょう (^^;;

今年も僅かとなりましたが、よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。
みのり
2008年12月31日 02:11
>俯瞰シーンも、宇宙人の視点という意味だったんですね
映像の映し方がとても不気味でステキでしたね。 それでグッと惹き込まれてしまったのに~、という映画でした。 私も変だから忘れられなくなりそうな映画になりそうです。
こちらこそ、いろいろ教えていただき有難うございました。
来年もよろしくお願いいたします。
しゅー
2008年12月31日 07:01
ジュリアン・ムーア主演の映画・・・
この偉大な女優さんの出演する作品は当たりはずれが激しいですよね.
なので,彼女の主演する映画は結構パスすることが多いです.
この映画もそんな一本だったような気がします・・・

今年一年お付き合いいただきありがとうございました.
来年もよろしくお願いします.
みのり
2008年12月31日 17:05
この映画、それはそれはジュリアン・ムーアの息子を失った心の傷の表現が素晴らしかったです。 もしかしたらこの映画で表現されている全てが彼女の妄想かもしれないなんて想うほどでした。 もしそうだったらとても怖い映画なのかもと…。
今年もいろいろ有難うございました。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック

  • フォーガットン

    Excerpt:  コチラの「フォーガットン」は、「愛がこわれるとき」のジョセフ・ルーベン監督のとても不評なサスペンス・スリラーです。  14ヶ月前の飛行機事故で最愛の息子を亡くし、悲しみに暮れていたテリー(ジュ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-12-30 08:50