<転々> 

2007年 日本 101分
監督 三木聡
原作 藤田宜永「転々」
脚本 三木聡
撮影 谷川創平
音楽 坂口修
出演 オダギリジョー  三浦友和  小泉今日子  吉高由里子  平岩紙
   岩松了  ふせえり  松重豊  広田レオナ  岸部一徳

大学8年生の竹村文哉(オダギリジョー)は、84万円の借金が返せなくて、借金取りの福原愛一郎(三浦友和)に威されていたのですが、ある日文哉は福原に一緒に井の頭公園から霞が関まで東京散歩をしたら、100万円をあげると持ちかけられます。 変なことを言い出すものだと警戒する文哉でしたが、借金を返せる当てがないので話を受け入れることにし、二人の東京散歩が始まるのでした。 歩き始めて調布の飛行場に来た辺りで、福原は文哉に、カッとして殴ったら妻(宮田早苗)が死んでしまったので、これから桜田門の警視庁まで自主しに行くのだと旅の理由を話すのでした。 話を聞いた文哉は、殺人ではなく障害致死なのだし、自首するのなら死体が見つからないうちに早く最寄の警察にするべきと言います。 
一方、福原の妻が働いているスーパーざっくりでは、従業員の国松(岩松了)、仙台(ふせえり)、友部(松重豊)が、出勤してこない福原の妻の噂をし、三人で福原の家を訪ねたのですが、家の前で岸部一徳(岸部一徳)が出演する映画のエキストラにスカウトされ、撮影に同行してしまうのでした。

行く先々で面白いモチーフが散りばめられた、とぼけた雰囲気の楽しいロードストーリーでした。 
スーパーの従業員三人組が良いアクセントになってストーリーが進行していましたし、岸部一徳と出会うと良い事があるという都市伝説、偽親戚した時に知り合った絵描き(広田レオナ)や正直時計店店主など、個性的な脇役の人たちが愉快でしたし、スナック時効のママでイミテーションの妻麻紀子(小泉今日子)や麻紀子の姉の娘ふふみ(吉高由里子)との擬似家族は、良い雰囲気で何だかとても癒されました。 ただ単に桜田門の警視庁まで自首しに行くだけの話なのですが、ギャグの積み重ねのような感じが楽しかったです。 引っ越す前に住んでいた辺りや友達とよく歩いたりした場所が多く写っていたので、あと何年か経ったらもう一度この映画を見てみたいです。
B B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「転々」

    Excerpt: 転々 プレミアム・エディションジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 孤独な大学8年生の竹村文哉(オダギリジョー)は、借金84万円の返すアテもないまま返済期限を 迎えようとしていた。そ.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2008-12-11 09:23
  • 『転々』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「転々」□監督・脚本 三木聡 □原作 藤田宜永(「転々」新潮文庫刊) □キャスト オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、岩松了、ふせえり、松重.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-12-30 23:24