<インベージョン> 

2007年 アメリカ 98分
原題 The Invasion
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
原作 ジャック・フィニイ「盗まれた街」
脚本 デヴィッド・カイガニック
撮影 ライナー・クラウスマン
音楽 ジョン・オットマン
出演 ニコール・キッドマン  ダニエル・クレイグ  ジェレミー・ノーサム
   ジャクソン・ボンド  ジェフリー・ライト

ジャック・フィニイ原作「盗まれた街」の4度目の映画化作品です。
スペースシャトルが原因不明の事故で墜落し、その残骸に付いていた謎の生命体が人間に取り憑き、姿は同じでも感情を失った無表情な人間へと変貌させていました。 
ワシントンで精神科医をしているキャロル(ニコール・キッドマン)は、患者たちから自分の身近な人が見た目は同じだが違う人になってしまったというような事を聞かされ、彼女自身もその異変に気付いていくのでした。 そんな時、元夫のタッカー・カウフマン(ジェレミー・ノーザム)から息子のオリバー(ジャクソン・ボイド)と面会したいと連絡がきます。 今までそんなことがなかっただけに警戒しますが、しばらく息子との時間を許すことにするのでした。 
やがてキャロルは息子の友だちが残したドロドロした透明な粘着性の液体を見つけ、同僚のベン・ドリスコル(ダニエル・クレイグ)に渡します。 ベンは学者仲間で遺伝子や細菌に詳しいスティーヴン・ガレアーノ(ジェフリー・ライト)に、分析を頼むのでした。 分析の結果、その生命体は地球上のものではないこと、人体に浸入すると睡眠中に遺伝子を書き換え、人体を乗っ取ってしまうのだというのです。 その後偶然に、脳炎に罹って免疫を持っている人は、ウイルスに侵されても発症しないことが分かるのでした。 キャロルは、夫にあずけた息子オリバーのことが心配になり、返してもらおうと迎えに行きますが、そこにオリバーの姿はなく、すっかり様子の変わってしまった夫から感染させられてしまうのでした。 
キャロルは眠ったら自分でなくなってしまうからと眠らないように薬を飲み、行方が分からなくなってしまったオリバーを必死に探します。 免疫を持っている人の協力を得られれば、直ぐにワクチンが作れるし、患者を治すこともできるかもしれないとスティーヴンから教えられ、オリバーが免疫を持っていることを夫が知ったらどうなるかも心配だったのです。
  
<e s[エス]><ヒトラー~最期の12日間~>のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督の作品にニコール・キッドマンが主演、ダニエル・クレイグやジェフリー・ライトが共演するというので楽しみに観賞しました。 ニコール・キッドマンがとっても綺麗で、観ているだけで楽しかったし、母性愛の強さには感動しましたが、それだけという印象でした。
感染の方法も気持ち悪いし、あれだけ感染者から逃げ回ったというのに最後はあっけなく終わってしまいましたし、パーティーでのとても良いことのように描かれているキャロルの発言も変でしたし、何よりドラマの中で、しきりにTVニュースが流れていて、イラク問題や北朝鮮問題が何だかあっという間に解決してしまったように報道されていましたが、人間で無くなった人が多くなると平和になり、ワクチンが完成するとまた元に戻ってしまうというのは単純で面白くない発想だと思いました。 
それにしても、心臓に注射するのを頼まれたくないですね。 もし自分の子も謎の生命体に取り憑かれていたなら、自分もそのまま取り憑かれても良かったのではと自棄にさせられる映画でした。 最近私の周辺では、認知症になるのではないかと恐れている人が多いようなのですが、みんなが認知症になったらそれはそれで楽しいかもと思わされました。
C C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • mini review 08273「インベージョン」★★★★★☆☆☆☆☆

    Excerpt: ジャック・フィニィの傑作古典SF「盗まれた街」を映画化したSFサスペンス。4度目の映画化となる本作では、息子を未知のウイルス感染から守ろうと必死で戦う母親にスポットを当てる。才色兼備な母を熱演するのは.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-12-02 17:48
  • インベージョン/ THE INVASION

    Excerpt:      『LOST』をO.AしてるAXNのドラマで同じタイトルがあるけど(『インベイジョン』)あっちとは別物☆ 『es』『ヒトラー最後の12日間』という良作を撮った、オリバー・ヒルシュビーゲル最新作.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2008-12-03 13:45
  • 映画評「インベージョン」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-12-04 18:44
  • 映画『インベージョン』(お薦め度★★★)

    Excerpt: 監督、オリヴァー=ヒルシュビーゲル。脚本、デヴィッド=カイガニック。2007年米 Weblog: erabu racked: 2009-01-04 19:26
  • インベージョン

    Excerpt:  『ある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。 眠っちゃダメ。 家に帰っちゃダメ。 必ず助けるから。 ─ママより』  コチラの「インべージョン」は、何度も映画化されているジャック・フィニィの.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-02-12 20:31