<カジュアリティーズ> 

1989年 アメリカ 114分
原題 Casualties of War
監督 ブライアン・デ・パルマ
原作 ダニエル・ラング
脚本 デヴィッド・レーブ
撮影 スティーヴン・H・ブラム
音楽 エンニオ・モリコーネ
出演 マイケル・J・フォックス  ショーン・ペン  ドン・ハーヴェイ  
   ジョン・C・ライリー  ジョン・レグイザモ  テュイ・テュー・リー 

1974年、ベトナムから帰還した元兵士のエリクソン(マイケル・J・フォックス)は、電車に乗ってきたベトナム人留学生の少女(テュイ・テュー・リー)を見て、ベトナムに居た頃の悲惨な出来事を思い出すのでした。
1966年、戦場で一個小隊で敵の動向を偵察して移動する途中、エリクソンはべトコンの作ったトンネルに落ち、体半分はまってしまい身動きできない所を、小隊のリーダーのミザーヴ軍曹(ショーン・ペン)に助けられます。 その後しばらくして、平穏なひとときに突然銃声がし、もうじき除隊になる牧師で無線係のブラウン(エリック・キング)が狙撃を受け死亡してしまうのでした。 基地に戻って立て直しを図ることになり、ミザーヴ軍曹の小隊のメンバー、クラーク(ドン・ハーヴェイ)、ハッチャー(ジョン・C・ライリー)、ディアズ(ジョン・レグイザモ)とエリクソンは、今度は中央高地の偵察を命じられるのですが、出発前夜楽しみにしていた外出を中止にされたミザーヴ軍曹は、明日はベトナムの少女を調達してレイプしようと言い出すのでした。 冗談だと思っていたエリクソンですが、実際に村人が寝静まった時、一人の少女に目を付け、誘拐してしまうのでした。 エリクソンの反対も虚しく、山の中を偵察しながらその少女オアン(テュイ・テュー・リー)を連れまわし、小隊は集団でレイプしてしまいます。 エリクソンは仲間が居なくなった時、少女を逃がそうと思ったのですが、失敗してしまいます。 銃撃戦が始まろうとしている時、少女が咳をするのが煩くて敵に気付かれるし、もうじき基地から援軍が来るので、少女を誘拐してレイプしたことが軍に知られるとまずいと思ったミザーヴ軍曹は、小隊に少女を殺すことを命じるのでした。  
エリクソンは基地に戻ると、事件の内容を上官に話してみるのですが、上官は事件が明るみに出ることを恐れ、事件を闇に葬ろうとするのでした。 エリクソンは小隊の4人に命を狙われ、自棄になってお酒を飲んでいると、基地で活動していた牧師が悩みがあるのかと近づいてきます。 牧師に訴えたことで事件が明るみになり、ミザーヴ軍曹たちは軍法会議に掛けられそれぞれに刑を科せられるのでした。

この作品は実際に起きたことを基に映画化したものだといいますが、以前観た時には途中で観るのを止めようと思ったほどショックでした。 冷静になってみると違った観点から描いた戦争映画でいろいろ考えさせられることの多い作品だと思います。 “災いの谷を歩むとも、死は恐れない。俺こそ最悪の男だから”と言うくらいなのですからミザーヴ軍曹は頭が良くて充分自分の罪を知っていたはず。 この事件の前に部下で親友と思っていたブラウンの死があったからかもしれないのですが、戦争が狂気の中でしか生きていけない人に育ててしまったかのようでした。 
今にして思うと実力派の俳優さんばかり揃えたものと感心してしまいます。 戦争の悲惨さは伝わってきますが、あまり何度も観たいと思う作品ではありません。
B C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック