<厨房で逢いましょう> 

2006年 ドイツ・スイス 105分
原題 Eden
監督 ミヒャエル・ホーフマン
製作 ミヒャエル・ユングフライシュ
脚本 ミヒャエル・ホーフマン
撮影 ユタ・ポールマン
音楽 クリストフ・カイザー  ジュリアン・マース
出演 ヨーゼフ・オステンドルフ  シャルロット・ロシュ  デーヴィト・シュトリーゾフ
   マックス・リュートリンガー

南ドイツの保養地で、何ヶ月先までも予約がぎっしりの評判のレストランを経営している天才シェフのグレゴア(ヨーゼフ・オステンドルフ)は、今まで料理一筋に過ごしてきたせいか、口下手で人付き合いが苦手でした。 毎日休憩時間に立ち寄る行きつけのカフェで、ウエイトレスのエデン(シャルロット・ロシュ)を観察するくらいで、女性とはあまり縁がありませんでした。 そんなある日グレゴアは、水遊びをしていて水の中に落ちてしまったのエデンの娘レオニーを助けます。 そのことがきっかけで、エデンと親しく話すようになり、明日がレオニーの誕生日だと聞いたグレゴアは、レオニーにプラリネを飾った自作のケーキをプレゼントするのでした。 それを口にしたエデンは、グレゴアの作ったプラリネの虜になり、夫が家を空ける火曜毎にレオニーを連れてグレゴアの厨房を訪れ、料理を食べさせてもらうようになるのでした。 グレゴアは二人の喜ぶ顔を見たくて、腕によりをかけるのですが、エデンの夫クサヴァー(デーヴィト・シュトリーゾフ)が妻とグレゴアとの仲を疑うようになり…。

グルメを唸らせる官能料理“エロチック・キュイジーヌ”という呼び方に興味を持たされましたし、映画で紹介される創作料理はとてもステキでしたが、ストーリーがイマイチ理解できなくて疲れました。 グレゴアは太り過ぎで(糖尿病?)女性と性的関係を持てないらしいのですが、グレゴアがあれだけエデンに愛を伝えているのに、友達だと言い通すエデンって、無神経でずうずうし過ぎませんか? 食事のお礼にと朝鮮朝顔の鉢植えを厨房に持ってくるだけで無神経と思うのに、厨房にお隣の犬を入れちゃうのですから、芸術家であるシェフがよくもそんな人を好きになったものだと不思議に思いました。 
クサヴァーの嫉妬によりグレゴアは追い詰められ破産。 いろいろあった後、正当防衛だったにもかかわらずグレゴアは刑に服すことになってしまいます。 数年後、グレゴアはルートヴィヒと軽食スタンドを始め、凄い行列で一つ星の軽食スタンドになりますが、またエデンがレオニーと亡夫との間の息子パウルを連れてグレゴアのスタンドにやって来ます。 グレゴアは、また彼らにご馳走してあげるのですが、エデンって疫病神のようだ!って思ってしまいました。 でもお伽噺と思って楽しみましょう。
B C

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 厨房で逢いましょう

    Excerpt:  『私の料理は、あなたを満たす。』  コチラの「厨房で逢いましょう」は、8/25に公開になった"料理で愛を伝えようとするシェフの切ない片想いを、ほろ苦いスパイスをちょっぴりきかせつつ味わい豊かに.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-11-04 09:10
  • 「厨房で逢いましょう」

    Excerpt: 「Eden」2006 ドイツ/スイス 主演のグレゴアにヨーゼフ・オステンドルフ。エデン役は本国では国民的人気女優のシャルロット・ロシュ。エデンの夫クサヴァーにデーヴィト・シュトリーゾフ。彼はドイツ映.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2008-11-05 23:21
  • 「厨房で逢いましょう」

    Excerpt: 「Eden」2006 ドイツ/スイス 主演のグレゴアにヨーゼフ・オステンドルフ。エデン役は本国では国民的人気女優のシャルロット・ロシュ。エデンの夫クサヴァーにデーヴィト・シュトリーゾフ。彼はドイツ映.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2008-11-05 23:24
  • 厨房で逢いましょう

    Excerpt: 映画に出てくる料理はフランク・エーラーという料理人が作ったもの・・・決してフランク永井ではありません。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-11-06 11:10
  • 映画「厨房で逢いましょう」

    Excerpt: 原題:Eden 美味しくて美味しくて思わず犬のようにお皿に残ったソースまで綺麗に舐めあげる、それが官能料理"エロチック・キュイジーヌ"、~魅惑の料理と大人の恋~ .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2008-11-11 01:12
  • 映画評「厨房で逢いましょう」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年ドイツ=フランス映画 監督ミヒャエル・ホフマン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-11-15 03:13
  • #131.厨房で逢いましょう

    Excerpt: 予告で観る限り、自分の好みそうな予感がしたのです。エロチック・キュイジーヌ、“官能料理”とHPで取り沙汰されている、創作料理がとても美味しそうで、映像イメージも自分の好みそうな気がしたので。・・・ Weblog: レザボアCATs racked: 2008-11-19 17:33
  • 厨房で逢いましょう 84点(100点満点中)

    Excerpt: ブタもおだてりゃ木に登る 公式サイト 人づきあいに不器用な天才料理人と、彼の料理に惹かれた人妻との運命を描いたドラマ、という内容である事には間違いなく、予告ではその側面のみをクローズアップし、.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2008-11-26 20:01
  • 『厨房で逢いましょう』ドイツ映画

    Excerpt: 厨房で逢いましょう [DVD]ジェネオン エンタテインメント 2008-04-23 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ Weblog: ドイツの本棚 racked: 2009-03-11 21:35