<夕凪の街 桜の国> 

2007年 日本 118分
監督 佐々部清
原作 こうの史代「夕凪の街 桜の国」
脚本 国井桂  佐々部清
撮影 坂江正明
音楽 村松崇継
出演 田中麗奈  麻生久美子  吉沢悠  伊崎充則  藤村志保
   中越典子  金井勇太  堺正章  粟田麗  田山涼成

“夕凪の街” 原爆が投下されてから13年後の昭和33年の広島。 原爆で父と妹を失った26歳の平野皆実(麻生久美子)は、母フジミ(藤村志保)とひっそり暮らしていましたが、ある日職場で同僚の打越豊(吉沢悠)に愛を告白されます。 被爆者ということで恋愛も結婚も諦めていた皆実は、しあわせを感じたものの、打越に、自分が生き残ってしまったことに罪悪感を持って暮らしていることや、父や妹が原爆で亡くなったこと、自分も被爆したことを話すのでした。 そんな時、皆実を原爆の後遺症が襲うのでした。 戦争中疎開していて原爆を免れた弟の石川旭(伊崎充則)は、水戸のおば夫婦の養子になっていたのですが、夏休みに広島に帰ってきて、姉や打越と楽しいひとときを過ごしますが、ある日皆実は後遺症で気を失ってしまいます。
“桜の国” 現在の東京。 石川旭(堺正章)は定年退職し、28歳の娘七波(田中麗奈)と弟で研修医の凪生(金井勇太)と三人暮らしをしていましたが、ある日ぶらりと家を出て行きます。 父の様子がおかしいと思った七波は父を尾行し、途中で出会った幼馴染の利根東子(中越典子)と共に、広島まで行ってしまいます。 広島で色々な場所に行き、人に会う様子を見ているうちに七波は子供の頃のことを思い出していくのでした。

現在と過去の物語を通して原爆のもたらした悲劇を浮き彫りにし、押し付けがましくなく、静かに反戦や反核を捉えた素晴らしい作品でした。 以前、黒木和雄監督の<父と暮せば>の宮沢りえさんの演じた女性が、幸せになったらいけないと感じているようなので、どういうことなのか分からないな~と思っていたのですが、この映画でも被爆した皆実が、死ななかったことに後ろめたさを感じていて、幸せになったらいけないと思いながら生きているというのには、自分の尺度でしか物事を考えることの出来ない自分の理解力の足りなさを実感しました。 
打越が皆実に“生きとってくれて ありがとう”と言ったというのにどんなに力をもらえたかと思うと感動し、“原爆は落ちたのではなく、落とされたんよ”と言った皆実の言葉も強く印象に残りました。 
麻生久美子さんの儚く消え入りそうな感じの皆実と、田中麗奈さんの現代的な女性との対比もよかったと思います。
B B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

kimion20002000
2008年11月20日 03:42
こんにちは。
とても丁寧に作られていましたね。
麻生さんの代表作になるような作品だと思います。
kimion20002000
2008年11月20日 03:42
こんにちは。
とても丁寧に作られていましたね。
麻生さんの代表作になるような作品だと思います。
みのり
2008年11月20日 05:26
麻生久美子さん、素晴らしかったですね。 とてもよい作品だと思いました。

この記事へのトラックバック

  • 『夕凪の街 桜の国』 ('07初鑑賞81・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 7月28日(土) 109シネマズHAT神戸シアター1にて 13:45の回を鑑賞。 この日は、邦画では珍しく 日本語字幕付きの上映でした.. Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-11-14 20:55
  • 映画「夕凪の街 桜の国」

    Excerpt: ピカあるいはピカドン、その新型爆弾の毒にやられて苦しむ人が、いかに多かったことか、その威力は遠く岡山にあってさえ窓ガラスを震わせたという・・・ 昭和33年広島、平野皆実(麻生久美子).. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2008-11-15 00:24
  • 映画評「夕凪の街 桜の国」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・佐々部清 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-11-18 22:38
  • mini review 08286「夕凪の街 桜の国」★★★★★★★★★☆

    Excerpt: 第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-11-20 02:20