<エディット・ピアフ~愛の讃歌~> 

2007年 フランス・イギリス・チェコ 140分 
原題 La Vie en Rose
監督 オリヴィエ・ダアン
脚本 オリヴィエ・ダアン  イザベル・ソベルマン
撮影 永田鉄男
音楽 クリストファー・ガニング
出演 マリオン・コティヤール  シルヴィー・テステュー  パスカル・グレゴリー
   エマニュエル・セニエ  ジェラール・ドパルデュー

第一次世界大戦の最中の1915年にパリで生まれたエディット・ジョヴァンナ・ガションは、路上で歌を歌って糧を稼ぐ母の歌を聴きながら生活していましたが、その後父方の祖母の経営する娼館に預けられ娼婦のティティーヌ(エマニュエル・セニエ)たちに可愛がられながら成長しました。 父が兵役から戻ると父の路上での大道芸の手伝いに歌を歌うようになるのでした。 1935年のある日、エディット(マリオン・コティヤール)がいつものように路上で歌を歌っていると、パリの名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)に声を掛けられ、彼の店で歌うチャンスを与えられるのでした。 エディットは、ルプレにピアフと名付けられ、店で歌うようになると瞬く間に注目されスターになっていくのですが…。

恋に生き歌に生きたエディット・ピアフの47年の波瀾万丈の生涯を、名曲の数々を流し、時間をシャッフルしながら感動的に綴っています。 
ピアフの楽曲は、最初は他の人の音源で聴き、素敵な曲だと思ってから本人の歌をレコードで聴いたのですが、彼女の生涯については何も知らなかったので興味深く観賞しました。 映画の中のピアフが歌っている音源のほとんどは、ピアフ本人のものということもあるのでしょうが、歌が素晴らしかったのと、歌っている時の姿は、まるでピアフ本人であるかのように(アップの時はさすがに違うと分かりますが)錯覚するほどでした。 
売春宿での幼少時代や視力を失っていた日々や父親と過ごした日々。 恩人のルイ・ルプレが殺された時には殺人容疑をかけられたこと、最愛の人マルセル・セルダン(ジャン=ピエール・マルタンス)を飛行機事故で失ってしった嘆きなど、エピソード満載でした。 でもピアフの19歳から47歳までを演じているマリオン・コティヤールは、なかなか頑張ってはいるのですが、70歳くらいに見える晩年の印象ばかりが強く残り、我儘振りが気になっってしまいましたし、時間軸を行き来させているので、様々なエピソードも繋ぎ合せたように感じられてしまったので、ピアフの生涯に感情移入できず、何の感慨も持てないうちに終わってしまったのが残念に思いました。 それともっと魅力的で、恋多き人と思っていたので、イメージが壊れてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エディット・ピアフ 愛の讃歌

    Excerpt:  コチラの「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、シャンソン歌手エディット・ピアフの波瀾万丈な47年間の人生を描いた伝記映画です。  主演のマリオン・コティヤールがアカデミー賞で主演女優賞を獲得した.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-10-03 15:11