<ローグ アサシン> 

2007年 アメリカ 103分
原題 War
監督 フィリップ・G・アトウェル
脚本 リー・アンソニー・スミス  グレゴリー・J・ブラッドリー
撮影 ピエール・モレル
音楽 ブライアン・タイラー
出演 ジェーソン・ステーサム  ジェット・リー  ジョン・ローン  石橋凌
   デヴォン青木  ルイス・ガスマン  ケイン・コスギ  テリー・チェン

サンフランシスコのFBI捜査官ジョン・クロフォード(ジェーソン・ステーサム)は、伝説的な殺し屋ローグ(ジェット・リー)を追い詰つめ波止場で格闘中追い詰められ殺されそうになっている時、相棒のトム・ローン捜査官(テリー・チェン)がローグを撃ったので、命を救われました。 その数日後、ローグがトムの家に現れ、トムとその妻と幼い娘を殺して家に火を放ち、姿を消すのでした。
それから3年後、サンフランシスコでは日本のヤクザと中国マフィアの抗争が激化していました。 陰でローグが双方のボスを手玉に取り、暗躍していたのです。 それぞれのボスはローグが自分の配下だと思い、操られていたのです。 クロフォードはこの抗争を調べ、ローグと思しき証拠を見つけ、トムの仇を討とうとローグを追うのですが…。

日本のヤクザに石橋凌とケイン・コスギ、中国マフィアにジョン・ローンとお馴染みの顔ぶれ、“バカジャショウガナイ”をはじめ、聞き取りにくい変な日本語を話してくれるジェーソン・ステーサム。 せっかくジェット・リーが出演しているのに、ドンパチばかりというのがちょっと寂しいですが、最後のヤナガワ(石橋凌)とローグの迫力ある決戦があったので我慢?といったところでしょうか。 
途中からローグが悪者を次々にやっつけていくので変だとは思っていたので、実はトムは殺されていなくて、ローグを殺して整形をしてローグに成りすましていたというのには、あ~そうだったのかとそれほど驚きませんでしたが、クロフォードがヤナガワと癒着?!にはビックリでした。 すごく変な映画で、かなりメチャクチャ。 ヤクザ街って?とか、日本の部屋に飾られている弱肉強食や下手の横好きの文字には吹き出してしまいます。 ルイス・ガスマン、頑張ってました。 
C B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「ローグ アサシン」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督フィリップ・G・アトウェル ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-09-12 14:05
  • ローグ アサシン

    Excerpt: お医者さんごっこだぜ!(I play doctor) Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-09-21 11:45
  • 『ローグ アサシン』を観たぞ~!

    Excerpt: 『ローグ アサシン』を観ました伝説の暗殺者と復讐に燃えるFBI捜査官の因縁の対決を描いたサスペンス・アクションです>>『ローグ アサシン』関連原題: WARジャンル: アクション/サスペンス製作年・製.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-10-17 08:21