<ミスター・ロビンの口説き方> 

2006年 韓国 110分 
原題 Seducing Mr.Perfect
監督 キム・サンウ
脚本 キム・ソンミ
撮影 クォン・ヒョクチョン
音楽 チョン・ジェヒョン
出演 オム・ジョンファ  ダニエル・ヘニー  ホリー・キャロル・クラーク
   ムンス  キム・ギヒョン  オ・ミヨン  イ・ソンミン  夏木陽介

アメリカ資本の会社に勤めているミンジュン(オム・ジョンファ)は、男運が悪く、いつも失恋してしまうのですが、今回も一緒に旅行に行くはずだった恋人が待ち合わせ場所に来ていなくて大ショック。 そのせいか前の車に追突してしまいます。 追突した車の持ち主が事務的で冷たい対応をしたので、気分がすぐれなかった事もあり英語が分からない振りをして逃げようとしてしまいます。 ところが彼はミンジュンの会社の上司のロビン(ダニエル・ヘニー)で、ミンジュンは彼の秘書をすることになってしまうのでした。 ロビンは会社の女性たちにもモテモテなのですが、出会いのせいかミンジュンはなかなか素直になれません。 

アメリカ本社から派遣されてきたやり手でカッコイイ支店長とヒロインのラブコメです。 ストーリーは特に変わったものではないですが、音楽やヒロインの衣装などステキだし、楽しい作品でした。 最後に両親に結婚の申し込みの挨拶に来たのかと思ったら、愛してるけど結婚は考えてないとのこと。 ロビンに掴みかかりそうになるミンジュンの両親には笑ってしまいました。 日本企業のトップ役で出演していた俳優さんが夏木陽介さんだとは、観ている間には気付きませんでした。 ミスター・ロビンの口説き方というよりは口説かれ方だったようにも思えます。
C B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック