<愛なんていらない> 

2006年 韓国 120分
原題 Love Me Not
監督 イ・チョルハ
脚本 イ・チョルハ
撮影 カン・チャンベ
音楽 キム・テグン
出演 ムン・グニョン  キム・ジュヒョク  チン・グ  ト・ジウォン

ホスト・クラブのナンバーワンのジュリアン(キム・ジュヒョク)は、顧客の女性が彼に入れあげて会社のお金を使い込み自殺したため警察に逮捕され、多額の借金を抱え込むことになってしまいました。 一方ミン(ムン・グニョン)は病気で視力を失い、大富豪の父を亡くしたばかりで、莫大な遺産を継ぐ事になったのですが、16年前に母に連れられて家を出て行き、母の死後ホストクラブで働いている兄のジンを探していました。 ジンと同じ同じホストクラブで働いていたジュリアンは、ジンが莫大な遺産を継げると知った借金取りのクァンス(イ・ギヨン)やホスト仲間のテホ(チン・グ)に勧められ、ジンが最近事故死したのでジンに成りすまし兄だと名乗り出るのでした。 目の見えないミンを騙し、殺そうとするのですが、次第にミンに惹かれていきます。 ミンもジュリアンのことを兄でなかったらよいのにと思うようになってしまいます。 ある日ミンはジュリアンが兄のジンではなく、ジンの憧れていたジュリアンではないかと感じるようになるのですが、その矢先家庭教師のイ先生(ト・ジウォン)はジュリアンがジンではないのではと疑いを持ち、ミンの主治医ヤン先生に髪の毛を提出してDNA鑑定を依頼し、ジュリアンがジンではないことを突き止めるのでした。 ミンは兄の誕生日のプレゼントを一人でデパートに買いに行き、帰りに道端で気を失います。 こっそり後をつけていたジュリアンは、これを見て救急車で搬送された病院に行き、ミンが脳腫瘍で手術が成功したら目が見えるようになるかもしれないと知るのですが…。

この映画は、渡部篤郎さんと広末涼子さんが共演したTBSのTVドラマ、「愛なんていらねえよ、夏」をリメイクした作品だそうですが、とてもロマンチックなストーリーで、主演のムン・グニョンさんが可愛らしかったので、どうなるのかとハラハラさせられてしまいました。 致死率200%のカプセルって本当にネットで売っているのかと気になったり、物語の展開にも変なところや強引な所が多々ありますが、楽しかったです。
C A

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック