<街のあかり> 

2006年 フィンランド・ドイツ・フランス 78分 
原題 Laitakaupungin valot
監督 アキ・カウリスマキ
製作 アキ・カウリスマキ
脚本 アキ・カウリスマキ
撮影 ティモ・サルミネン
音楽 メルローズ
出演 ヤンネ・フーティアイネン  マリア・ヤンヴェンヘルミ  マリア・ヘイスカネン
   イルッカ・コイヴラ  ヨーナス・タポラ  カティ・オウティネン

ヘルシンキで警備会社の夜警をしているコイスティネン(ヤンネ・フーティアイネン)は、真面目な勤務振りですが、無口でぶっきらぼうの性格のため、同僚からも敬遠され、恋人も友人もなく仕事が終わると馴染みのソーセージの屋台に行きと、毎日変わり映えのない生活を送っていました。 ある日、ミルヤ(マリア・ヤンヴェンヘルミ)という女性と出会い、コイスティネンは恋に落ちます。 しかし彼女はマフィアのボス、リンドストロン(イルッカ・コイヴラ)の情婦だったのです。 コイスティネンは宝石泥棒の濡れ衣を着せられ逮捕され、懲役刑を受けてしまうのでした。 刑務所から出て来てレストランの皿洗いの仕事を見つけますが、その店にミルヤを連れたリンドストロンが食事に来て、コイスティネンに前科があることをバラしたので仕事も失ってしまいます。 リンドストロンに掴みかかろうとすると、手下に痛みつけられ寂れた場所に捨て去られます。 いつも通りにいる少年(ヨーナス・タポラ)が心配して、ソーセージの屋台で働く女性(マリア・ヘイスカネン)に知らせコイスティネンを助けに行くのでした。 

アキ・カウリスマキ監督が、<浮き雲>、<過去のない男>に続いて“敗者三部作”として描いた最終作で、チャップリンの無声映画の名作<街の灯>にオマージュを送った作品でもあるそうです。 敗者とは思いたくないけど、孤独でやり場のない雰囲気は感じられました。 でも主人公は不幸ではないように思います。 だって自分のやりたいように生きていたわけだし、好きな女性に騙されて無実の罪に陥れられてもその女性を守ろうとして愛のために黙って罪を受け入れたのだから、それが彼の幸せだったのですもの。 誰にも愛されていなかったわけではなく、ちゃんと心配してくれる人もいたのに気付かないだけで、最後になって気が付いて光を見出したのだからよかったのでしょう。 なかなかこんな健気な女性はいないように思うのですが…。 おとなしい犬が可愛らしかったです。 いつもに比べて変な可笑しさがなかったのが物足りなかったです。
C B

この記事へのコメント

miyu
2008年08月23日 22:36
確かにあんな風に待ってくれる女性なんていないよね。
早く気付いたれよ。って感じだけど、
なかなかいい雰囲気でしたよね。
他の2作は未見なので、チェックします。
kimion20002000
2008年08月23日 23:40
TBありがとう。
主人公と女性との掛け合いが、まだるっこしくもあり、可愛くもあり、でしたね。
みのり
2008年08月25日 10:26
miyuさん、<浮き雲>も<過去のない男>もわたしは大好きです。 是非ご覧になって下さいね。 
みのり
2008年08月25日 10:28
kimion20002000さん、わたしも主人公の二人の女性に対する接し方が子供っぽくてカワイイな~と思いました。

この記事へのトラックバック

  • 「街のあかり」

    Excerpt: 街のあかりアミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る フィンランドのヘルシンキ。警備会社に夜警として勤務する純朴な男、コイスティネン(ヤンネ・ フーティアイネ)。仕事を終え、夜明けの中.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2008-08-22 06:52
  • 映画『街のあかり』

    Excerpt: 原題:Laitakaupungin valot 負け組み敗者三部作の最終章、「浮き雲」失業者、「過去のない男」ホームレスに較べればちゃんと夜警の仕事に就いてるけど結局は失業者になるんだね・・ .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2008-08-22 12:30
  • 街のあかり

    Excerpt:  『希望を灯す』  コチラの「街のあかり」は、「浮き雲」、「過去のない男」に続くアキ・カウリスマキ監督の敗者三部作の最終章となる"孤独"をテーマとしたフィンランド映画です。  タイトルから分か.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-08-22 12:46
  • 街のあかり

    Excerpt: 街のあかり弱者をいたわるカウリスマキ監督らしさが漂う、無駄のない静かな小品だ。地味な俳優を使うカウリスマキにしては、今回は美男美女の組合せ。だが、見た目の美しさとは裏腹に物語は徹底的に敗北的だ。とこと.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2008-08-23 22:49
  • mini review 08277「街のあかり」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『浮き雲』で人間賛歌を、『過去のない男』で再生のドラマを語ったフィンランドの名匠アキ・カウリスマキの“敗者三部作・最終章”。人間性の回復をテーマに、街の片隅で生きる男の生き様が描かれる。『過去のない男.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-08-23 23:37
  • 映画評「街のあかり」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年フィンランド映画 監督アキ・カウリスマキ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-08-24 02:13
  • 「街のあかり」

    Excerpt: 「Laitakaupungin valot」...aka「Lights in the Dusk」 2006 フィンランド/ドイツ/フランス 監督、脚本はフィンランドを代表するアキ・カウリスマキ。 .. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2008-08-24 21:10
  • 街のあかり

    Excerpt: パン屋を演じた『スキージャンプ・ペア』以来の・・・いや、『過去のない男』以来のアキ・カウリスマキ映画。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-08-30 09:58
  • 『街のあかり』'06・フィンランド・独・仏

    Excerpt: あらすじフィンランドのヘルシンキに、ひとりの男が静かに生きていた。友人はいなかった。愛する人もいなかった。見守る家族もいなかった。文字どおりひとりぼっちの世界を生きていた。ソーセージ屋を営む女だけが彼.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-09-05 09:50
  • 映画『街のあかり』を観て

    Excerpt: 57.街のあかり■原題:LaitakaupunginValot(英題:LightsInTheDusk)■製作年・国:2006年、フィンランド■上映時間:78分■鑑賞日:7月28日、ユーロスペース(渋谷.. Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2008-09-08 06:47
  • 映画「街のあかり」

    Excerpt: 監督:アキ・カウリスマキ(その作風、大好きです) 出演:ヤンネ・フーティアイネン マリア・ヤルヴェンヘルミ イルッカ・コイヴラ  出演:マリア・ヘイスカネン ペルッティ・スヴェホルム カティ・オウ.. Weblog: おそらく見聞録 racked: 2009-11-17 11:56