<シャフト> 

2000年 アメリカ 100分 
原題 Shaft
監督 ジョン・シングルトン
原案 ジョン・シングルトン  シェーン・セラーノ
脚色 ジョン・シングルトン  シェーン・セラーノ  リチャード・プライス
撮影 ドナルド・E・ソーリン
音楽 デヴィッド・アーノルド
出演 サミュエル・L・ジャクソン  ヴァネッサ・L・ウィリアムズ  ジェフリー・ライト
   クリスチャン・ベール  バスタ・ライムズ  ダン・ヘダヤ  トニ・コレット
   リチャード・ラウンドトゥリー

麻薬に汚染され警察組織内も腐敗しているニューヨークで、黒人学生が殺害され、ジョン・シャフト刑事(サミュエル・L・ジャクソン)は容疑者としてウォルター・ウェイド(クリスチャン・ベール)を逮捕します。 しかしウォルターの父親は有名な実業家だったため、裏で取引しお金の力で息子を釈放させ海外に逃亡させてしまうのでした。 それから2年後、ウォルターが極秘で帰国したところをシャフトが緊急逮捕します。 しかしまたもやウォルターが釈放されたため、シャフトは遣りきれなくなり警察を辞職し、独自にウォルターを刑務所に送り込むため事件の目撃者で事件直後から姿を隠したウエイトレスのダイアン・パルミエリ(トニ・コレット)の行方を捜し始めるのでした。

以前に観た時には音楽がカッコイイな~と思ったくらいで、<黒いジャガー>と違うストーリーなのにこれがどうしてリメイクなのかと思ったのですが、豪華な俳優陣とスタイリッシュな映像だし、なんといってもアイザック・ヘイズの黒いジャガーのテーマが流れるし、主役がシャフト刑事だからなのだと何となく納得させられました。 オリジナル版のシャフトのリチャード・ラウンドトゥリーがシャフトの伯父さん役で出演しているのも嬉しいです。
C B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タラララ
2008年08月17日 15:28
アイザック・ヘイズ、先日亡くなられましたね (T_T)
65歳って、まだ若すぎます。

このリメイク、「シャフトのテーマ」を使ってくれていたのが嬉しかったです。
そこそこ楽しめたような印象があるのですが…。
う~ん、ストーリーなどはほとんど記憶にありません (^^;;
みのり
2008年08月17日 17:47
65歳だなんて勿体ないですね。 この映画やっぱりテーマ曲が一番ステキでした。 豪華な出演者の割には、ストーリーはどうってことない感じでしたが、わりと楽しかったです。

この記事へのトラックバック