<殺人の追憶> 

2003年 韓国 132分
原題 Memories of Murder
監督 ポン・ジュノ
脚本 ポン・ジュノ  シム・ソンボ
撮影 キム・ヒョング
音楽 岩代太郎
出演 ソン・ガンホ  キム・サンギョン  キム・レハ  パク・ノシク
   パク・ヘイル  ソン・ジェホ  ピョン・ヒボン  チョン・ミソン

1986年から1991年までの六年間に10人の犠牲者を出し、3000人の容疑者が取調べを受けたのに未だに犯人が捕まっていないという実在の未解決事件を題材に、韓国らしいユーモアを織り込みながら緊迫した映像で綴った映画です。
1986年10月、ソウル近郊の農村で手足を縛られた若い女性の死体が発見されます。 その後も同様の手口での死体が発見され、地元の刑事パク・トゥマン(ソン・ガンホ)と相棒のチョ・ヨング刑事(キム・レハ)が捜査を担当し、ペク・クァンホ(パク・ノシク)というちょっと頭の弱い肉屋の息子を容疑者として取り調べるのですが証拠不十分で釈放になるのでした。
難事件と見て、ソウル市警からソ・テユン刑事(キム・サンギョン)が派遣されてきましたが、パク刑事たちとは性格や捜査方法も違うので互いに衝突しがち。 その後も次々と犠牲者が出て、捜査は行き詰っていくのでした。 そんな中でギオク(コ・ソヒ)という女性警官の指摘により、ラジオの人気番組で「憂欝な手紙」という曲が流れた日に殺人が起こるというのをヒントに、遂にその曲をリクエストした人物パク・ヒョンギュ(パク・ヘイル)が容疑者として浮上するのですが…。

以前にこの映画を観た時には、警察の暴力による取調べや証拠のでっち上げ、精神障害者をいじめるところ、下品な態度などで不快になり、とても疲れたという記憶があります。 最近未解決事件の映画をいくつか見たので、この映画で前回気分が悪くなったということを覚悟してもう一度観賞しました。 やっぱりあまり感覚的に合わないとは思ったのですが、サイコ・サスペンスっぽいのにユーモラスで、人間ドラマを描いていると思えば面白いですし、コミカルに描きながら怖さや緊迫感が伝わってくるというのは、韓国映画らしさがあって独特の感じです。 
初動捜査のミスなどは酷いものですが、当時の軍事政権下での灯火管制とか、機動隊がデモの鎮圧に向ってしまい警官を動員できなかったことなど、時代背景も描かれていて、日本の戦後に数多くあった冤罪事件に似ているようにも思いました。 何だか適当そうなパク刑事、暴力的なチョ刑事、最初は理知的だったソ・テユン刑事が、事件解決に必死になるあまり、翻弄され疲れてきて暴力的になっていく様子も哀れでしたし、観ている者にもやるせなさを感じさせたのではと思います。 実際の未解決事件を題材にしていたので、その事件の猟奇性よりも追っている人たちの苛立ちや翻弄されていく様子がリアルでした。
A C

P.S. 以前にも感じたのですが、この事件の犯人はこの人に違いないとどうしても感じてしまう人物がいたのですが、監督はワザとそう感じさせるように描いたのでしょうか? とても気になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タラララ
2008年08月13日 13:11
凄く面白い映画ですよね。
この映画を見てから、自分は韓国映画への認識を変えました。
最近の日本映画で、ここまでカッチリと作られている作品は少ないと思います (T_T)

>この事件の犯人はこの人に違いないとどうしても感じてしまう人物がいた
未解決事件を題材にした映画の常套手段ではないでしょうか。
「ゾディアック」なんかもそうでしたし…。
みのり
2008年08月14日 01:29
タラララさん、映画としての完成度は凄いと思うのですが、最初に観た時など、飛び蹴りが怖くて体中痛くなってとても疲れました。 慣れてくると、じっくりと冷静に観賞できるようになりましたけど…。
>未解決事件を題材にした映画の常套手段
そういえば<ゾディアック>もそうでしたね。 
fizz♪
2008年08月24日 01:17
みのりさん、こんにちは~
TBさせて頂こうとトライしましたが、今夜はエラーの表示が出てしまったので、コメントだけさせてくださいね。
みのりさんも書いていらっしゃるとおり、コミカルでしかも緊張感もあって、私も凄い演出だと感心した作品でした。
刑事たちの心情が迫って来ましたよね。
みのり
2008年08月25日 10:55
fizzさん、TBとコメント有難うございます。 fizzさんのは両方とも受け取ることができたようです。 わたしもTBとコメントをさせていただいたのですが、上手く反映できなかったようです。 後日もう一度TBさせてくださいね。

この記事へのトラックバック

  • 殺人の追憶

    Excerpt:  コチラの映画はありばばみょんご紹介の韓国で実際にあった連続殺人事件を映画化したかなりの骨太映画です。  1986年から91年までの6年間で半径2km以内で起きた10件の連続強姦殺人事件で、30.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-08-13 07:04
  • 『殺人の追憶』 (初鑑賞80本目・DVD)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 8月27日(日) DVDで鑑賞しました。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-08-14 01:40
  • 殺人の追憶

    Excerpt: 2003年発韓国映画の驚異を2008年に観た。 この映画は「1986年から1991年の間、軍事政権のもと民主化運動に揺れる韓国において実際に起きた未解決連続殺人事件をもとにしたフィクションです」の白.. Weblog: Have a movie-break ! racked: 2008-08-24 01:12
  • 映画「殺人の追憶」

    Excerpt: 監督:ポン・ジュノ(彼の画作り、大好きです) 出演:ソン・ガンホ(やっぱいい!素晴らしい)キム・サンギョン(こちらも好演) 出演:パク・ヘイル キム・レハ ソン・ジェホ ビョン・ヒボン  .. Weblog: おそらく見聞録 racked: 2009-10-03 23:31
  • 殺人の追憶

    Excerpt: この作品は噂には聞いてたけれど、 韓流があまり好きではなかったので 敬遠してました。 でもこの監督の「母なる証明 」がかなりツボだったので 観てみることにしました。 1986年10月.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-05-13 20:47