<茄子 アンダルシアの夏> 

2003年 日本 47分
監督 高坂希太郎
原作 黒田硫黄「茄子」
脚本 高坂希太郎
撮影 白井久男
音楽 本多俊之
声の出演 大泉洋  筧利夫  小池栄子  平野稔

フランスの“ツール・ド・フランス”、イタリアの“ジロ・デ・イタリア”、スペインの“ブエルタ・ア・エスパーニャ”はグラン・ツールと呼ばれ、人々に愛される権威のある自転車レースなのだそうです。
この作品は、パオパオビールの選手ペペ・ベネンヘリ(大泉洋)の地元、アンダルシアで行われる“ブエルタ・ア・エスパーニャ”のレースを舞台に、臨場感溢れる自転車レースやその実況、レースと同じ時間に教会で行われている、ペペの兄アンヘル(筧利夫)とかつてぺぺの恋人だったカルメン(小池栄子)の結婚式を描いています。 

撤退をほのめかすスポンサーにアピールせねばと、このところ不調気味のパオパオビール・チームは今度こそ勝負を賭けようと必死です。 ぺぺは監督の指示により集団から飛び出し、ペースを速めてレースを乱し、パオパオビールのエースに有利になる走りを試みるのですが、その途中でぺぺは、「このレースが終わったらぺぺを解雇する」と監督に告げる、スポンサーの無線を聞いてしまうのでした。 ぺぺの生まれた村の近くを通るペペ。 ペペは故郷への想い、兄との葛藤などが頭をよぎります。 後続のエースの走っているグループが村の前をさしかかった時、猫が道に飛び出しチームのエースは自転車が倒れて、エースは棄権することになります…。

ぺぺより才能のあった兄アンヘル、いまでもカルメンのことがちょっぴり気になるペペ。 スペインの光が感じられる色彩の中での、レースの駆け引きの様子が面白かったですし、実況中継(羽鳥慎一、市川雅敏)などとてもリアルに感じられました。 レースのことなど全然分からないのですが、描かれている景色の美しさや爽やかさが印象に残りました。


<茄子 スーツケースの渡り鳥>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック