<恋愛睡眠のすすめ> 

2006年 フランス 105分
原題 La Science des Reves
監督 ミシェル・ゴンドリー
脚本 ミシェル・ゴンドリー
撮影 ジャン=ルイ・ボンポワン
音楽 ジャン=ミシェル・ベルナール
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル  シャルロット・ゲンズブール  ミウ=ミウ
   アラン・シャバ  エマ・ドゥ・コーヌ  ピエール・ヴァネック

一緒に暮らしていた父が他界し、住んでいたメキシコから母の暮らしているパリへとやってきたステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)。 母(ミウ=ミウ)のアパートに住んで、母が見つけた仕事先に就職するものの、カレンダーのイラストレーターをしたかったのに、出来上がったカレンダーに顧客の名前を写植するだけの仕事と知って失望します。 そんな時ステファンの部屋のお隣にステファニー(シャルロット・ゲンズブール)という女性が引っ越してきます。 一目で彼女の虜になってしまったステファンでしたが、隣の部屋に住んでいるということさえ言い出せません。 でも夢の中ではステファニーと恋人同士になるのでした。 現実で上手くいかない事を、夢の中で実現させ、次第に夢と現実が混同して行きます。

誰でも実現しそうもないことを夢の中では勝手に動き出し、困ったり楽しんだりということはありますが、それを現実と混同してしまうのだから大変です。 はじめは観ている私も、訳の解らないシュールな夢の世界に巻き込まれてしまって、どうしよう~状態でしたが、慣れてくると、ポップな色使いで、なかなかアートな雰囲気。 ステファンの子供っぽくて、世の中に適応できない感じが、ちょっとコワイけど、愛おしく思えてきました。   
エンディングの音楽は、主旋律に対してオブリガートのバランスが煩い部分がありましたけど、あれって現実と夢との交錯しているステファンの頭の中なのかな~。 眠れない時にオススメの映画でした。
C C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「恋愛睡眠のすすめ」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2005年フランス映画 監督ミシェル・ゴンドリー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-06-04 18:32
  • 恋愛睡眠のすすめ

    Excerpt:  『夢ではどこまでも幸せ』  コチラの「恋愛睡眠のすすめ」は、パリを舞台にナイーヴなオタク青年の恋を、スウィートにファンタジックに描いた4/28公開になったラブ・ストーリーなのですが、観て来ちゃ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-06-04 19:13
  • 映画『恋愛睡眠のすすめ』

    Excerpt: 原題:La Science des Reves/The Science of Sleep ヒトのノンレム睡眠からレム睡眠の周期は約90分、統計的に1日7時間睡眠が最も長生きできるという・・夢もうつつ.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2008-06-05 00:28