<ヘルレイザー/ヘルワールド> 

2005年 アメリカ 95分
原題 Hellraiser: Hellworld
監督 リック・ボタ
脚本 ジョエル・ソワソン  カール・V・デュプレ
撮影 ガブリエル・コサス
音楽 ラーズ・アンダーソン
キャラクター創造 クライヴ・バーカー
出演 ステリアン・ユリアン  キャサリン・ウィニック  アナ・トルプット
   カリー・ペイトン  ヘンリー・カヴィル  クリストファー・ジャコット
   ダグ・ブラッドレー  ランス・ヘンリクセン

<ヘルイザー>シリーズ第8作。 パズルボックスに導かれ、究極の快楽と引き換えに魔界へ招待されてしまうというこのシリーズ。 今回はネットでのバーチャルゲームから始まります。 

アダム(ステリアン・ユリアン)が亡くなってから二年経ち、アダムの友人チェルシー(キャサリン・ウィニック)、マイク(ヘンリー・カヴィル)、アリソン(アナ・トルプット)、デリック(カリー・ペイトン)たちは、ネットゲーム“ヘルワールド”のパズルボックスを解いた若者たちが、地獄へ招待されるヘルワールドのパーディに招待されると知って、それぞれパズルを解き、パーティの催されるリバイアサンの館に招待されます。 四人はそのパーティで久しぶりにジェイク(クリストファー・ジャコット)と再会します。 主催者(ランス・ヘンリクセン)に秘蔵のお酒を勧められて飲み、盛り上がりますが、招待された若者たちがそれぞれ、悪夢に捕らわれ、ピンヘッド(ダグ・ブラッドレー)が現れたりして、次々に死んでいくのでした。   

何が現実で何がバーチャルなのか、この映画は解りやすいし、慣れてしまったせいかあまり怖くなかったので楽しんでみることが出来ました。 ホストがアダムの父親だったなんて、ちょっと哀しかったですし、この父親の最期も哀し過ぎです。 ランス・ヘンリクセンが演じていたからかな? そしてチェルシーとジェイクの最後は幻覚ですよね、幻覚…。
C C

<ヘルレイザー/ワールド・オブ・ペイン>   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ホラー映画の名作「ヘル・レイザー(HELLRAISER)」

    Excerpt: [映画感想]ヘル・レイザー(HELLRAISER) ホラー映画でヘル・レイザーという作品があるのを皆さんご存知でしょうか?たぶん、この映画のキャラクターぐらいは知っていると思います。ピンへッドという愛.. Weblog: 霧たんぽ鍋 racked: 2008-10-05 11:04