<ルワンダの涙> 

2005年 イギリス・ドイツ 116分
原題 Shooting Dogs
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
原案 デヴィッド・ベルトン  リチャード・アルウィン
脚本 デヴィッド・ウォルステンクロフト
撮影 アイヴァン・ストラスバーグ
音楽 ダリオ・マリアネッリ
出演 ジョン・ハート  ヒュー・ダンシー  クレア=ホープ・アシティ
   ドミニク・ホルヴィッツ  ニコラ・ウォーカー

1994年にルワンダ共和国で実際に起きた実話がベースで、当時イギリスBBCの報道記者として現地で取材していたデヴィッド・ベルトンが、原案を書いたのだといいます。

青年海外協力隊のメンバーとして、ジョー・コナー(ヒュー・ダンシー)は、カトリック教会のクリストファー神父(ジョン・ハート)が運営する公立技術専門学校で英語を教えるためにルワンダに来たのでした。
ルワンダではフツ族とツチ族の緊張が高まっている中、国連治安維持軍が監視していたものの、フツ族出身の大統領が乗っている飛行機が撃墜されたのをきっかけに、フツ族によるツチ族への虐殺が始まります。
虐殺を逃れ、何千人というツチ族の難民が公立技術専門学校に避難して来たのですが…。

悲劇を未然に防げず、国連治安維持軍さえも手をこまねいて何も出来ず、西洋人だけが国外脱出し、クリストファー神父が自分の体を張って、物資補給のためとトラックに乗せて国境近くの検問所まで送った子供たちの何人かだけが生き延びることができ、残された難民たちは虐殺されるという救いようのないドラマでした。

観ていて、どうして虐殺を止めることが出来ないのかと国連軍を批判しながらも、もし自分がその場にいたら怖くて何かその場を逃げ出せる理由を見つけて、逃げ出したくなってしまう自分がいました。 とてもクリストファー神父のようにはなれるものではありません。 
でも、私は関係ないと言ってしまう観客をクギ付けにするのは、最後のルワンダで親族や友人を虐殺され、命からがら逃げ延びることができたという人たちの笑顔のスナップ写真でした。 この写真に両親と兄弟姉妹何人がと書かれたものが添えられているのを見せられ、思わず号泣してしまい、涙が止まりませんでした。 
とても優れた映画だと思いますが、辛くなるのでしばらくは観たくないです。
B C  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「ルワンダの涙」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2005年イギリス=ドイツ映画 監督マイケル・ケイトン=ジョーンズ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-06-02 18:43