<夏物語> 

2006年 韓国 115分
原題 Once in a Summer
監督 チョ・グンシク
製作 パク・ムスン
脚本 チョ・グンシク
キム・ウニ
撮影 イ・ヒョンドク
音楽 シム・ヒョンジョン
出演 イ・ビョンホン  スエ  オ・ダルス
   イ・セウン  チョン・ソギョン  ユ・ヘジン

ずっと独身を通した高名な元大学教授のユン・ソギョン(イ・ビョンホン)は、テレビ局に勤めている教え子のイ・スジン(イ・セウン)から、ソギョンの初恋の女性を探すという企画の取材をさせて欲しいと申し込まれます。 戸惑いを感じながらも、スジンの熱心さに押され、手掛かりになるかもしれないと一冊の本を渡すのでした。 
その本を手にソギョンが大学生の頃、奉仕活動で訪れた農村を訪ねます。 その地で、図書館があったことを知っている老人から、図書館にいたソ・ジョンイン(スエ)の事を聞き、やがてソギョンとジョンインの切なく美しい初恋の物語を知るのでした。

韓国映画はロマンティックなドラマが多いな~と改めて思いました。 二人の初恋物語としてはステキでしたが、舞台になっている時代のことが分からなかったので、北に渡った知識人のスエの父親というのをはじめとして、疑問に感じたことが多かったです。 時代背景をただ何となく刺し身のつま程度にするより、しっかり描いておいた方がより切なさが伝わってきたのではとも思いますが、リアリティーがないからロマンスに集中できたのかなあとも思いました。 
月ってアメリカになっちゃったの?って登場人物の一人が言っていたのは面白かったですが、月面着陸が遠い昔のように描かれていたのでハッとなりました。 ヒノキの葉のしおりもステキですが、石の魚がたくさんいる寺に行ってみたいと思いました。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「夏物語」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年韓国映画 監督チョ・グンシク ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-05-29 23:15