<輝く夜明けに向かって> 

2006年 フランス・イギリス・南アフリカ・アメリカ 101分
原題 Catch A Fire
監督 フィリップ・ノイス
脚本 ショーン・スロヴォ
撮影 ロン・フォーチュナト  ゲイリー・フィリップス
音楽 フィリップ・ミラー
出演 デレク・ルーク  ティム・ロビンス  ボニー・ヘナ
   ムンセディシ・シャバング  テリー・フェト  ミシェル・バージャース

人種隔離政策“アパルトヘイト”が施行されていた1980年の南アフリカで、セクダン石油精油所で働いているパトリック・チャムーソ(デレク・ルーク)は、理由を偽って休暇をとった日に、製油所で反政府組織のアフリカ民族会議(ANC)による爆破テロ攻撃が発生し、パトリックはテロリストの逮捕に執念を燃やす公安部テロ対策班のニック・フォス大佐(ティム・ロビンス)に疑いを持たれ、逮捕されてしまいます。
パトリックは、政治に関心を持たず、ANCなどとは全く関係なく、妻のプレシャス(ボニー・ヘナ)と二人の子供たちと共に穏やかに暮らしていたのに、無理矢理逮捕され、厳しい取調べと拷問を受けるのでした。 証拠不十分で釈放されますが、無実の罪で投獄され、妻をも拷問を受けたことから、パトリックの心はANCに傾き、共に反政府抵抗運動に参加するようになるのでした。

この映画は、非人道的な政府に対してテロ行為で対抗し、民衆に自由の闘士と祀り上げられた実在の人物の実話を基に描かれたドラマで、脚本を書いたショーン・スロヴォも、両親が反アパルトヘイトの活動家だったのだといいます。
テロ活動を撲滅させようとしている側が、テロリストを作ってしまうというのが、興味深かったですが、過酷な実情を描くというよりも、淡々と描いていて、ティム・ロビンス扮する白人側も愛する家族の為にテロと闘っているというように描かれていたので、そんなに悪人のようには思えませんでした。 ちょっと社会派ドラマにしては主張が弱かったように思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「輝く夜明けに向かって」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2006年フランス=イギリス=南アフリカ=アメリカ映画 監督フィリップ・ノイス ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-05-29 23:40