<エレクション> 

2005年 香港 100分
原題 黒社會
監督 ジョニー・トー
脚本 ヤウ・ナイホイ  イップ・ティンシン
撮影 チェン・チュウキョン
音楽 ルオ・ダー
出演 サイモン・ヤム  レオン・カーフェイ  ルイス・クー  ニック・チョン
   チョン・シウファイ  ラム・シュー  ラム・カートン  ウォン・ティンラム

香港黒社会の最大の組織“和連勝会”の二年に一度行われる会長選挙の時期になり、新会長の座を冷静で古くからのしきたりを重んじるロク(サイモン・ヤム)と、情熱的で面倒見が良く選挙に備えてお金をばら撒いているディー(レオン・カーフェイ)の二人が争っていました。 組織の長老や幹部は話し合いの結果ロクを新会長にするのですが、結果を知ったディーは憤慨して、自分につかなかった者へ報復し、現会長のチョイガイに対しても、会長の印である彫像の“竜頭棍”をロクに渡さないようにと脅すのでした。 混乱を恐れたチョイガイは、密かに竜頭棍を中国本土へと運ばせるのですが、ロクとディーの両派の争いは竜頭棍を巡ってさらに激化し、熾烈な闘いが繰り広げられます。 一方、香港警察は和連勝会の幹部たちを一斉逮捕に踏み切ります。    

新会長が話し合いで決まったというのに、会長の象徴の彫像を奪い合うというのがいかにも東洋という感じで面白いように思いました。 コミカルな部分を見せながらもかなり残酷なことをしているのが怖い感じですが、独創的でもありました。 
最後にロクがディーを殺したのは、口を滑らせたせいなのか、始めから殺すつもりだったのかしら? まさか息子への英才教育ではないですよね。 ロクの息子は性格が父親に似ているようなので、大きくなってからが楽しみかも…。 
B C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「エレクション」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2005年香港映画 監督ジョニー・トー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-05-21 00:03