<007/カジノ・ロワイヤル> 

2006年 イギリス・アメリカ 145分
原題 Casino Royale
監督 マーティン・キャンベル
原作 イアン・フレミング「007/カジノ・ロワイヤル」
脚本 ポール・ハギス  ニール・パーヴィス  ロバート・ウェイド
撮影 フィル・メヒュー
音楽 デヴィッド・アーノルド
出演 ダニエル・クレイグ  エヴァ・グリーン  マッツ・ミケルセン
   ジュディ・デンチ  ジャンカルロ・ジャンニーニ  ジェフリー・ライト
   カテリーナ・ムリーノ  サイモン・アブカリアン

6代目ボンド、ダニエル・クレイグが活躍する007シリーズ21作目です。 ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が、殺しのライセンスを取得するために、二つの殺人を実行してダブルオーのライセンスを得、マダガスカルで爆弾を持った男を追い詰め、バハマ、マイアミでは武器売人と航空機爆破をくい止めようと奔走します。 そしてM(ジュディ・デンチ)から、世界中のテロリストの資金をテロによって増やし、その資金をテロリストに渡しているというル・シッフル(マッツ・ミケルセン)の資金を絶つことを命じられるのでした。 ボンドのせいでテロに失敗し、多額の損失を受けたル・シッフルは、その天才的な数学能力でモンテネグロのカジノ・ロワイヤルで大勝負に挑むことにしていました。 ボンドは財務省のヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)と共にカジノに乗り込み、現地の諜報員マティス(ジャンカルロ・ジャンニーニ)の協力を得るのですが、勝負の途中で毒を盛られ命を失いかけます。 命拾いした後、CIAのフェリックス・ライター(ジェフリー・ライト)の資金協力で、ル・シッフルとの一対一の大勝負に勝つのでした。 しかし喜びもつかの間、ヴェスパーを危険から救おうとしたボンドはル・シッフル一味に拘束されリンチを受けてしまい…。

1967年版<007/カジノ・ロワイヤル>は、バート・バカラックの音楽が素晴らしい007のパロディで、とんでもなく賑やかな作品でした。 確かあれもイアン・フレミング原作だったはずと思っていたのですが、それにしては違いすぎると思いますので名前を借りただけなのかもしれません。 
この映画は殺しのライセンスを取得するために、二つの殺人を実行する時のモノクロ映像の後、カラフルなタイトルバックに入り、その後の爆弾を持って逃走する黒人テロリストの、カモシカのような動きに裏を掻こうと必死で追いすがるボンドの逞しさ。 ちょっと長過ぎるようにも思いましたが、緊迫感があって本当に迫力あるアクションで、冒頭から期待で一杯にさせられます。 ダニエル・クレイグは、<ミュンヘン>で初めて知ったのですが、こんなにカッコ良いボンドを演じるとは思いませんでした。
今までは、ジェームズ・ボンドって残酷でニヤケタ感じのエロオジサンというイメージで、全然魅力を感じたことがありませんでした。 だから007だけは毎回映画館で観ると言っている友人をバカにしていたのですが、ダニエル・クレイグのボンドだったら納得です。 ちょっと背が低いのが気になりますが、とてもニヒルでセクシー。 とってもカッコ良かったです。 ラブシーンもいやらしさが無かったし、作品の創り方もオシャレな感じでとても素敵でした。 
ちょっと<ボーン・アイデンティティ>とか<MI>みたいになってしまいましたが、こんな007ならもっともっと観たいと思います。 アクションばかりでなくドラマ的な要素が大きかったこともあって、楽しくてあっという間に終わってしまいました。
B B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

miyu
2008年03月27日 09:22
そっかぁ~1967年版、見てらっしゃるんですね!
パロディだって聞いていたから、
そういえば、見てシリアスだったから
そのこと忘れちゃってました。
2008年03月27日 11:03
こんにちは。
ははっ、私の真逆のご意見ですね(笑)。
私は、
>残酷でニヤケタ感じのエロオジサン
がすきなんですよ。こだわる人はコネリー以外認めないって方もいますが、私の中ではピアースが最高のボンドです。
映画自体はなかなかよかったのですが、ボンドではないなと・・・。
せっかくのニュー・ボンドなんですけぢね。
では、また。
みのり
2008年03月28日 08:47
miyuさん、1967年版はシリーズ番外編で、パロディとお笑いに徹した感じというか、偽007がたくさん出てきちゃったりするドタバタものです。 出来の良し悪しは別にして、面白い?ですヨ!
みのり
2008年03月28日 09:15
イエローストーンさん、ショーン・コネリーの「ロシアより愛をこめて」は名作ですね。 だけどボンド映画は全体的に女性蔑視されているようで気分良くないのです。 でもピアース・ブロスナンのボンド辺りからは、女性の雰囲気も変わってきて不快にならなくなりました。 今までは男性が観て楽しんでいたのが女性が観ても楽しめるようになったのかな?と思っています。 

この記事へのトラックバック

  • 007 カジノ・ロワイヤル

    Excerpt:  『最初の任務は、自分の愛を殺すこと。』  コチラの「007 カジノ・ロワイヤル」は、007シリーズとしては21作目、そして6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグのお披露目となるワケなんで.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-03-27 00:00
  • 007 カジノロワイヤル

    Excerpt: 暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格する。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2008-03-27 11:05
  • 「007 カジノ・ロワイヤル」

    Excerpt:  2006年/アメリカ、イギリス  監督/マーティン・キャンベル  出演/ダニエル・クレイグ      エヴァ・グリーン  ピアース・ブロスナンからダニエル・クレイグにバトンタッチした00.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2008-03-28 01:00
  • 『007 カジノ・ロワイヤル』

    Excerpt: 最初の任務は、自分の愛を殺すこと。     ■監督 マーチン・キャンベル■脚色 ニール・バーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギス■原作 イアン・フレミング(「007カジ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-03-28 12:07
  • 映画評「007/カジノ・ロワイヤル」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年イギリス=アメリカ映画 監督マーティン・キャンベル ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-03-28 20:20
  • 007/カジノ・ロワイヤル

    Excerpt: 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/イギリス 上映時間 144分 監督 マーティン・キャンベル 製作総指揮 アンソニー・ウェイ 、カラム・マクドゥガル 原作 イアン・フレミ.. Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 racked: 2008-03-29 05:11
  • 『007/カジノ・ロワイヤル』 (初鑑賞117本目・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 12月2日(土) 109シネマズHAT神戸シアター8にて 14:30 の回を鑑賞  Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-03-29 16:35
  • 137.007/カジノ・ロワイヤル

    Excerpt: ボンドと言えば普通は、誰を思い浮かべるのでしょう?ロジャー・ムーア?ピアース・ブロスナン?・・・それともショーン・コネリーなんでしょうか?エッ、大木ボンド?・・・木工用ボンド?・・・あーそれ、言うと思.. Weblog: レザボアCATs racked: 2008-03-30 20:00
  • 007/カジノ・ロワイヤル

    Excerpt: 原点に戻った007シリーズ。新ボンドは人妻好きだった・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-04-05 19:33