<フルスピード> 

2005年 ドイツ 90分
原題 Vollgas: Gebremst wird spater
監督 ラーズ・モンタグ
脚本 トーステン・ディヴィ  マーク・ヒルフェルド
撮影 ハラルド・クレメル
出演 ジャン・ソスニオック  ヴァレリー・ニーハウス  ハラルド・クラスニッツァー
   サーシャ・ゲーペル

運転テクニックは天才的な救命士のベン(ジャン・ソスニオック)は仕事をクビになり、恋人にも去られ親友の家に居候をすることになってしまいました。 そして急遽見つけた仕事は大企業の社長夫人クリスティナの運転手。 しかし仕事の初日に夫人を乗せた車に見知らぬ男から無線電話が入り、車に爆弾を仕掛けたこと、ベンがクリスティナを誘拐したことになっていること、車を監視しているから車を止めるなと告げられるのでした。 車の外に出ようとしても窓も開かず、降りることができません。 社長の所には妻の命が惜しければ500万ユーロを支払えと連絡したというのです。 しかしクリスティナによると会社は破産寸前で身代金を払う余裕などないというのでした。

夫が誘拐の首謀者で会社運営に必要なお金欲しさで仕組んだ事件だとベンの親友の働きで分かり、絶体絶命の状態から互いに協力し合って見事解決。 ベンとクリスティナは仲良くなるというハッピーエンドのストーリーでした。   
カーアクションも迫力あってテンポ良く進行しますが、コミカルでどこか長閑なところもあって面白い作品でした。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック