<カポーティ> 

2005年 アメリカ 115分
原題 Capote
監督 ベネット・ミラー
原作 ジェラルド・クラーク
脚本 ダン・フッターマン
撮影 アダム・キメル
音楽 マイケル・ダナ
出演 フィリップ・シーモア・ホフマン  キャサリン・キーナー  クリフトン・コリンズ・ジュニア
   クリス・クーパー  ブルース・グリーンウッド  ボブ・バラバン

1959年11月15日、カンザス州の静かな田舎町ホルカムで、農業をしている裕福な家庭の一家四人が惨殺されます。 ニューヨークでこの衝撃的な事件を知ったトルーマン・カポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この事件を取材し作品にしようと思い立ち、友人のネル・ハーパー・リー(キャサリン・キーナー)を同行し、即刻現地に向かうのでした。 事件現場に行き、関係者を取材し迷宮入りとも思われた事件の容疑者二人が逮捕されると、容疑者への取材まで試み、特に容疑者の一人ペリー・スミス(クリフトン・コリンズ・ジュニア)の取材からは、創作意欲を掻き立てられるのでした。 ペリーとの面会を重ねていくうち、裁判の結果にも関心を持ち、有力な弁護士を紹介したりするのでした。 ペリーからは信頼され、小説「冷血」を書き始めるのですが…。

実際に起きた一家惨殺事件を徹底的に取材し、それまでに無かったノンフィクション小説というジャンルを切り開いたといわれている「冷血」。 始めは自分の名声や仕事の成功のための野心から出発したものの、取材をし犯人と心を通わすうちに屈折した想いを抱き、苦悩する様子が綴られています。 真実を聞き出すために、自分は貴方の味方…というような姑息な接し方をし、ペリーの心を操るような冷血なまでの取材をし、その後刑が執行されないと小説が完成しないからと、早く死刑になることを望んだり、そんな自分を嫌になったりと複雑な心理状態になり葛藤する様子を、フィリップ・シーモア・ホフマンは淡々とした中に鬼気迫る演技で表現しているように思えました。
B C

<冷血>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「カポーティ」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ベネット・ミラー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2007-12-26 23:08
  • 『カポーティ』

    Excerpt: 何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。     ■監督 ベネット・ミラー■原作 ジェラルド・クラーク■脚本 ダン・ファターマン■キャスト フィリップ・シーモア・ホフマン.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-12-27 12:09
  • 映画『カポーティ』

    Excerpt: 原題:Capote 「ティファニーで朝食を」の作家が、ノンフィクション小説の新たな地平を築き上げるべく野心を持って取り組んだ問題作「冷血」・・ハードでシビアな物語・・・ トルーマン.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-12-27 13:01
  • カポーティ

    Excerpt:  『何よりも君の死を恐れ、 誰よりも君の死を望む。』  コチラの「カポーティ」は、演技派俳優として知られるフィリップ・シーモア・ホフマンが、初めて製作総指揮と主演を務め、アカデミー賞をはじめとす.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-12-27 21:12
  • 「カポーティ」

    Excerpt: 「ティファニーで朝食を」や、「冷血」などの小説で知られる米国作家トゥルーマン・カポーティの半生を描いた「カポーティ」(2005年、米、ベネット・ミラー監督、114分)。徹底したリアリズムで描いたこの作.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2007-12-29 09:24
  • カポーティ (Capote)

    Excerpt: 監督 ベネット・ミラー 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2005年 アメリカ映画 114分 ドラマ 採点★★★★ 非常に単純な生き物なので、誰かが自分の事を好きでいてくれているってだけで勇気や.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2008-01-04 12:33