<オリヴァ・ツイスト> 

1947年 イギリス 116分
原題 Oliver Twist
監督 デヴィッド・リーン
原作 チャールズ・ディケンズ
脚本 デヴィッド・リーン  スタンリー・ヘインズ
撮影 ガイ・グリーン
音楽 アーノルド・バックス
出演 ロバート・ニュートン  アレック・ギネス  ケイ・ウォルシュ
   ジョン・ハワード・デーヴィス  ヘンリー・スティーブンソン  フランシス・L・サリヴァン

19世紀初めの嵐の夜、救済施設で一人の女性が男の子を産んで息を引き取ります。 お産に立ち会った女性が死んだ女性がつけていた高価そうなロケットを盗んでしまったため、その少年は孤児院でオリヴァ(ジョン・ハワード・デーヴィス)と名付けられ育てられるのでした。 9歳で葬儀屋に奉公に出されますが他の奉公人に苛められ家出をし、歩いてロンドンに辿り着きます。 ロンドンの町の一隅で疲れて休んでいると、ジャックというスリの少年に声を掛けられ、貧民街にあるスリの親玉フェイギン(アレック・ギネス)の隠れ家に連れて行かれるのでした。 そこで物を盗む訓練を受け、まずは仲間が盗むのを見学させられることになるのですが、仲間はミスター・ブラウンロー(ヘンリー・スティーブンソン)からハンカチを掏り素早く逃げ出したため、オリヴァは仲間に追いつけずに捕まってしまうのでした。 その後オリヴァの無実を証明する人物が現れたため釈放され、ブラウンローがオリヴァを引き取って育てようとするのでした。 オリヴァはブラウンローの家で、生まれて始めてのしあわせを感じて過ごしていましたが、オリヴァの口から隠れ家がバレることを恐れたフェイギンは、仲間のビル・サイクス(ロバート・ニュートン)やナンシー(ケイ・ウォルシュ)にオリヴァの行方を捜させるのでした。 二人はブラウンローのお使いで本屋に行こうとしていたオリヴァを無理矢理捕まえフェイギンに引き渡します。 しかし一度はフェイギンの手にオリヴァを引き渡したナンシーでしたが、オリヴァが苛められているのを見て、オリヴァをブラウンローのところに連れて行こうとするのでした。 しかしそれを知ったビルにナンシーは殺されます。 ナンシーの死とオリヴァが自分の孫であることを知ったブラウンローは警察に連絡し、警察は彼等の隠れ家を包囲し、フェイギンを取り押さえ、オリヴァを盾にし逃げようとしたビルは銃弾に倒れ、オリヴァは祖父ブラウンローの家に引き取られることになるのでした。

古い町並みの感じが雰囲気あって素敵ですし、アレック・ギネス、ロバート・ニュートンの悪役振りが迫力ものです。 優しい祖父やメイド、オリヴァ役の少年も可愛らしかったです。 サイクスの愛犬のブス犬が可愛らしく、なかなかの演技派でした。

<オリバー!>
<オリバー・ツイスト>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画『オリバー・ツイスト』

    Excerpt: 原題:Oliver Twist こんな、いたいけな少年をいじめ痛めつけるなんて、なんて身勝手な大人達、時代が時代とはいえ、可哀そう、さすらう少年の心に安らぎの日々は来るのか 19世.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-12-15 01:21
  • 『オリバー・ツイスト』 

    Excerpt: 涙のあと、幸せはやってくる。 ■監督 ロマン・ポランスキー■脚本 ロナルド・ハーウッド■キャスト ベン・キングスレー、バーニー・クラーク、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン□オフィシャルサイト.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-12-17 08:09
  • 『オリバー・ツイスト』 

    Excerpt: 涙のあと、幸せはやってくる。 ■監督 ロマン・ポランスキー■脚本 ロナルド・ハーウッド■キャスト ベン・キングスレー、バーニー・クラーク、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン□オフィシャルサイト.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-12-17 12:43