<スポンジ・ボブ/スクエアパンツ> 

2004年 アメリカ 88分
原題 The SpongeBob SquarePants Movie
監督 スティーヴン・ヒレンバーグ
原案 スティーヴン・ヒレンバーグ
脚本 スティーヴン・ヒレンバーグ  デレク・ドライモン  ティム・ヒル他
音楽 グレゴール・ナーホルツ
アニメーション監督 アラン・スマート
声の出演 トム・ケニー  ビル・ファガーパッケ  ジェフリー・タンバー  クランシー・ブラウン
   スカーレット・ヨハンソン  アレック・ボールドウィン  ダグ・ローレンス
出演 デヴィッド・ハッセルホフ

海底都市ビキニボトムのバーガー店カニカーニで働いているスポンジ・ボブは、2号店がオープンすることになったので、自分が当然2号店の店長になるものと思い込んでいました。 しかし子供だからという理由でオーナーのカーニはリカルドを店長に指名したので、スポンジ・ボブはガッカリしてしまいます。 ライバル店のプランクトンは、ネプチューン王の王冠を奪ってカーニに罪をきせ、美味しいカーニバーガーのレシピを奪うのでした。 スポンジ・ボブは、カーニにかけられた疑いを晴らそうと、親友のパトリックとシェルシティに出掛けるのですが、子供なのでなかなか辿り着けません。 王の娘のミンディに励まされ、人魚の魔法で大人にしてもらい、シェルシティに行って王冠を取り戻すのでした。 デヴィッド・ハッセルホフが本人役で登場し、王冠を取り戻したスポンジ・ボブとパトリックをネプチューン王のところに運びます。 カーニはお礼にスポンジ・ボブを2号店の店長にすると言うと、リカルドも快くこれを認めスポンジ・ボブは晴れて2号店の店長になるのでした。

明るくて活発でちょっと生意気なスポンジ・ボブの活躍が楽しいアニメーションでした。 子供だけでなく大人も楽しめるアニメで、どう見てもやることが子供にしか思えないスポンジ・ボブなのに、義理堅くて一生懸命で案外しっかりしているので、スポンジボブとパトリックが干からびてしまいそうになると、本気で心配になってしまいました。 元気になれる映画です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック