<トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合> 

2006年 アメリカ 110分
原題 You, Me & Dupree
監督 アンソニー・ルッソ  ジョー・ルッソ
脚本 マイケル・ルシュール
撮影 チャールズ・ミンスキー
音楽 セオドア・シャピロ
出演 オーウェン・ウィルソン  ケイト・ハドソン  マット・ディロン
   マイケル・ダグラス  セス・ローゲン  ランス・アームストロング

モリー(ケイト・ハドソン)は、父トンプソン(マイケル・ダグラス)の会社の社員カール・パターソン(マット・ディロン)とハワイで結婚式を挙げ、二人だけの幸せな新婚生活が始まるはずだったのに、カールの親友のランディ・デュプリー(オーウェン・ウィルソン)が失業し、二人の新居に居候。 職が見つかるまでのほんの数日のはずが、再就職が儘ならず、デュプリーの自由奔放な振る舞いや迷惑三昧にモリーはストレスが溜まるばかり。 カールも娘を溺愛するトンプソン氏の新婚生活を干渉する態度に疲れ果て、新婚生活は滅茶苦茶になり…。

夫の友人に生活をかき乱され、妻の父親に意地悪される夫。 夫婦の危機にトラブルの基であったデュプリーが、間を取り持ち仲直りするというだけのお話ですが、デュプリーの傍若無人振りがただ事ではなく笑うというよりビックリでした。 父親の干渉も(何故子供を作ってはいけないのか)解り難かったので、<ミート・ザ・ペアレンツ>のシリーズのように、もっと陰湿でも明るい意地悪をして欲しかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』

    Excerpt: 原題:You, Me & Dupree 極めて身近なテーマで他人事ではないし、登場人物のそれぞれの気持ちもなんだか分かるような気がするんだよね・・ドタバタだけど共感できて笑える映画・・ .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-11-01 01:55
  • トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合 (You, Me And Dupree)

    Excerpt: 監督 アンソニー&ジョー・ルッソ 主演 オーウェン・ウィルソン 2006年 アメリカ映画 109分 コメディ 採点★★★★ 十何年来の親友が結婚するってのは、おめでたい反面なんとも複雑な心境で。その.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2007-11-03 00:55