<硫黄島からの手紙> 

2006年 アメリカ 141分
原題 LETTERS FROM IWO JIMA
監督 クリント・イーストウッド
脚本 アイリス・ヤマシタ
撮影 トム・スターン
美術 ヘンリー・バムステッド  ジェームズ・J・ムラカミ
音楽 カイル・イーストウッド  マイケル・スティーヴンス
出演 渡辺謙  二宮和也  伊原剛志  加瀬亮
   松崎悠希  中村獅童  裕木奈江

硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作で、アメリカ側から描かれた<父親たちの星条旗>に続き、日本側から描かれた作品。 栗林忠道中将が家族に宛てた手紙をまとめた「玉砕総指揮官の絵手紙」を基に、本土防衛最後の砦として守れる当てもないのに、一日でも長く持ち堪えようと戦わねばならなかった人たちの物語です。 硫黄島に発掘に来た調査隊が冒頭に描き出され、地下道に入り込んだ隊員の一人が地中から何かを発見したところから、映像は1944年の硫黄島に入り込んでいきます。

1944年6月、日本軍の最重要地点でありながら日本国から見放されていた硫黄島に栗林忠道中将(渡辺謙)が指揮官として着任。 栗林はアメリカ留学を経験し、何でも合理的に考え、この戦争の行方についても考えのある人でしたので、悲壮な覚悟をし、休む間も無く島を巡回して周り、海岸線でアメリカ軍を迎え撃つというそれまでの指揮官の作戦から、地下道を掘って要塞を作り、そこから徹底抗戦することにしようと、直ちに迎え撃つ体制を考え直すのでした。 しかし従来の作戦が良いと思っていた伊藤中尉(中村獅童)などは栗林のやり方に反発します。  

結婚したばかりでまだ見ぬ自分の娘に会うために生きて帰ることを強く望んでいるパン屋の青年西郷(二宮和也)、ロサンゼルス・オリンピック馬術競技金メダリストでアメリカ人の友人の多い“バロン西”こと西竹一中佐(伊原剛志)、憲兵をしているとき、上官の命に逆らって犬を殺さなかったため、硫黄島に送り込まれてしまった清水(加瀬亮)など、一人ひとりを丁寧に描いています。
中でも正義と思って自分の生き方を貫き、最後には狂ってしまう伊藤中尉の生き方は、人間っぽくてそれはそれで立派だと感じました。

クリント・イーストウッドは自分の考えの中に日本の兵隊たちを置き、彼の理解した世界を私たちに表現してみせている感じなので、真面目に真摯に捉えてはいるものの、きれいごとになってしまったように思えました。   

実はこの映画、だいぶ前に見たのですが、感想が書けないで困っていました。 いつもお邪魔するブログの方たちには大変好評だったようなので、わたしも結構力を入れてこの映画を見たのですが、途中で何度も眠くなってしまいました。
セピアっぽくて美しい色彩画面、特殊撮影の部分も迫力あるし、それぞれの人物像も丁寧に描けていたのですが、心に響いてこないのです。 皆が良い映画だというのに自分が感動できないと、自分には感性が不足しているのではないかと落ち込んでしまいます。 この辺で忘れないうちに感想を書いておこうと思いました。

最後に一言、栗林中将が死ぬときに“天皇陛下万歳!”って叫んだのを聴いたとき、それまでの彼の言いそうな言葉とは思えなくて、どうしちゃったのかと大変驚いたのですが、よく考えてみると天皇陛下万歳は、日本の繁栄を願う万歳でもあり、妻や子供たち、両親や兄弟姉妹、友人親戚、全部に万歳の意味なのですね。 
国家一丸となって一つのことに突き進んでいくというのは、危険な面はありますが、美しいことだとも思います。

<父親たちの星条旗>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タラララ
2007年10月10日 13:50
「父親たちの星条旗」はご覧になっていたんでしたっけ?
もし未見でしたら、ご覧になると少し印象が変わるかも知れません。

他人が良いからと言っても、自分に合うかどうかは人それぞれですからね。
自分なんかは名作と言われている映画でも、「どこが?」と思うものは多いですよ。
個人的に好きな映画ほど、世評に合わせた変に当たり障りのない感想よりも、正直な感想を聞きたい方です。
「なるほど、そういう見方もあるんだなぁ」と参考(?)になります (^^)
何も落ち込まれることはないかと…。
まあ、自分が好きな映画を貶されるとムキになって怒る人もいるようですが (^^;;
みのり
2007年10月11日 08:37
「父親たちの星条旗」は未見です。 タラララさんが言われるように、二つを見てはじめて監督の言おうとしていることが解るのかもしれませんね。
わたしも自分と違う意見の感想は読んでいて新鮮だし楽しいのですが、多くの人が絶賛しているのに、自分が感じなかったので自分が理解できていないのではと考え込んでしまったのです。 
励ましてくださってありがとうございます。 理解できなければ出来なくても良いと思って、自分の感性を信じていくつもりです。

この記事へのトラックバック

  • 映画「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-10-10 12:47
  • ★「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-10-10 23:00
  • 映画評「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2007-10-10 23:05
  • 『硫黄島からの手紙』鑑賞!

    Excerpt: 『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島―― グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い.. Weblog: ★☆★風景写真blog★☆★healing Photo! racked: 2007-10-11 17:16
  • 硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA

    Excerpt:  クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2007-10-11 22:46
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt:  『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-11-01 22:03
  • 映画DVD「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 2006年アメリカ 見ておもしろい。と言う作品ではないのでしょう。 戦争の悲惨さ、滑稽さ、無意味さが伝わってきます。 こんな闘いがあった事は知りませんでした。 Weblog: 映画DVDがそこにある。 racked: 2007-11-24 16:13
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分 監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ポール・ハギス 原作 - 脚本 アイリス・ヤマシタ 音楽 ク.. Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 racked: 2008-02-06 18:07
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分 監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ポール・ハギス 原作 - 脚本 アイリス・ヤマシタ 音楽 ク.. Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 racked: 2008-02-06 18:08