<美しき運命の傷痕> 

2005年 フランス・イタリア・ベルギー・日本 102分 
原題 L'Enfer
監督 ダニス・タノヴィッチ
原案 クシシュトフ・ピェシェヴィチ  クシシュトフ・キェシロフスキ
脚本 クシシュトフ・ピェシェヴィチ
撮影 ローラン・ダイヤン
音楽 ダスコ・セグヴィッチ
出演 エマニュエル・ベアール  カラン・ヴィアール  マリー・ジラン
   キャロル・ブーケ  ジャック・ペラン  ジャック・ガンブラン
   ジャン・ロシュフォール

クシシュトフ・キェシロフスキがダンテの「神曲」から構想していた3部作、「天国」「地獄」「煉獄」の、この作品は天国編<ヘヴン>に続く地獄編です。

ソフィ(エマニュエル・ベアール)、セリーヌ(カラン・ヴィアール)、アンヌ(マリー・ジラン)は、少女の頃父を失った三姉妹。 長女のソフィは、写真家の夫との間に二人の子供に恵まれましたが、夫の浮気に苦しむ毎日。 次女のセリーヌは優しくて行き届いた性格なのに恋人に出会うチャンスに恵まれず、未だに独身で車椅子で声の出ない母親(キャロル・ブーケ)の世話をしています。 大学生の三女アンヌは、親友の父で大学の教授のフレデリック(ジャック・ペラン)と不倫をしていましたが突然別れようと言われ、動揺しています。

ある日セバスチャン(ギョーム・カネ)がセリーヌに会いに来て、自分はあの時の少年だと言うのでした。 20数年前、母とセリーヌが父(ミキ・マノイロヴィッチ)の部屋に行った時、裸になっていた少年でした。 母はこのことで父を告訴し、父は少年を庇って何も言わなかったため収監され、刑を終えて出て来た時に、母に子供たちに合わせてもらえず絶望して死んだのでした。 自分が一方的にあなたのお父さんを好きになって裸になってしまったこと、怖くて本当のことを今まで言えなかったとその時のことを詫びるのでした。 セリーヌはソフィやアンヌに真実を伝え、一緒に療養所の母を訪ねてそのことを話しますが、母はそれでも私は何も後悔していないと紙に書くのでした。

父の死が深く心の奥に残っていて姉妹の苦悩の遠因になっているというように描かれています。
後で考えてみると、三姉妹や母のそれぞれの生き方を地獄として描いているので、あの緊張感や重苦しさがあったのだと思いますが、面白い構成の仕方をしているので、物語の中盤までストーリーがどうなっているのか分からず、わたしなどは子供時代の回想の場面でやっと物語が繋がってきました。 
オープニングの映像は耽美的で美しいのですが残酷で、牢から出てきた父が巣に戻したカッコウが、この映画を象徴しているのでしょうが、あの場面は恐ろしかったです。 
緊張感や重苦しさ中に、何箇所かホッとさせたりユーモラスであったりの場面があるので、見ているものも救われます。
4人の女優さんたちの繊細で力強い演技がステキでした。
B B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画『美しき運命の傷痕』

    Excerpt: 原題:L'Enfer "evian"を逆から読めば、確かにナイーブ、ここで使われるナイーブの意味は、 "お人好し"の意味、お店でわざわざお金を払って水を何杯.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-09-13 01:16
  • 映画評「美しき運命の傷痕」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2005年フランス=イタリア=ベルギー=日本映画 監督ダニス・ダノヴィッチ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2007-09-14 10:00
  • 「美しき運命の傷痕」

    Excerpt: 「L'Enfer」2005 フランス/イタリア/ベルギー/日本 主演の三姉妹にエマニュエル・べアール「恋は足手まとい/2005」、カリン・ヴィアール「年下の人/1999」、マリー・ジラン「さよならモ.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2007-09-14 20:00
  • 「美しき運命の傷痕」

    Excerpt: 「L'Enfer」2005 フランス/イタリア/ベルギー/日本 主演の三姉妹にエマニュエル・べアール「恋は足手まとい/2005」、カリン・ヴィアール「年下の人/1999」、マリー・ジラン「さよならモ.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2007-09-14 20:02
  • 美しき運命の傷痕

    Excerpt:  『三姉妹と、その母。美しい女たちの心の中には、冷たい炎が燃えている。』  4/8に公開になっていた「美しき運命の傷痕」を観て来ましたぁ~♪コチラの映画は「トリコロール」三部作のクシシュトフ・キ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-12-07 22:04