<ブラッドレイン> 

2005年 アメリカ・ドイツ 95分
原題 BloodRayne
監督 ウーヴェ・ボル
製作 ショーン・ウィリアムソン
ダン・クラーク
脚本 グィネヴィア・ターナー
撮影 マティアス・ニューマン
音楽 ヘニング・ローナー
出演 クリスタナ・ローケン  マイケル・マドセン  ミシェル・ロドリゲス
   ベン・キングスレー  マシュー・デーヴィス  ウド・キアー  マイケル・パレ

18世紀のルーマニアのサーカスで、レイン(クリスタナ・ローケン)は、ナイフで怪我をしても、水で火傷しても、血を飲むと直ぐに元通りになるとして見世物にされていました。
ある日レインは、繋がれている檻の中で乱暴されそうになり、思わず相手に噛み付いてしまいます。
吸血鬼の父と人間の母との間に生まれたダムフィアだったレインは、この事で吸血鬼の本能に目覚め、興奮して一座の人たちを襲ってしまうのでした。 レインは慌てて逃げ出し、荒野を一人彷徨い、人気の無い修道院に辿り着きます。 そこで思いがけずベリアーの目を手に入れてしまうのでした。

一方、今では最強のバンパイアといわれているレインの父ケイガン(ベン・キングスレー)は、奴隷の軍勢を抱え人間を手下にしていて、娘を探し出し殺そうとしていましたが、もっと強くなって世界を我がものにしようと、ベリアーの体を捜していました。

ベリアーとは伝説の吸血鬼。 吸血鬼の弱点、水と太陽光線と十字架を克服する方法を見つけた吸血鬼なので、ベリアーが死んだ時、ベリアーの体を手に入れれば、世界を征服できる吸血鬼が生まれてしまうからと、ハンターたちは体の一部(目と肋骨と心臓)をバラバラにして、吸血鬼の手の届かないところに別けて隠したのでした。 
  
母の復讐のため父を殺そうとするダムフィアであるヒロインと、吸血鬼ハンター、吸血鬼の闘いを迫力ある映像で描いています。 原作はPCゲームだそうですが、敵の血を吸うと体力が強くなり美しくなっていくようすが気持ち悪くもありますが、面白いと思いました。 レインはどうやら最強のバンパイアになってしまったようですがこの続きはあるのでしょうか?
C B

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック