<四月の雪> 

2005年 韓国 106分
原題 April Snow(Oechul)
監督 ホ・ジノ
脚本 ホ・ジノ  シン・ジュンホ
撮影 イ・モゲ
音楽 チョ・ソンウ
出演 ペ・ヨンジュン  ソン・イェジン  イム・サンヒョ
   キム・グァンイル  リュ・スンス

コンサートの舞台照明監督をしているキム・インス(ペ・ヨンジュン)は妻のスジン(イム・サンヒョ)が交通事故で入院したと連絡を受け、病院に駆けつけます。 車に同乗していたギョンホ(リュ・スンス)の妻ソヨン(ソン・イェジン)もまた夫の事故に驚いて駆けつけていました。 スジンとギョンホは二人とも意識不明の重体で、衝突した相手の若い男性は死亡。
インスとソヨンは事故の後始末に立ち会うことになり、スジンとギョンホの持ち物から、二人が不倫関係にあったことを知るのでした。 事故ばかりでなく、相手の裏切りにショックを受けた二人は、顔を合わせ、励ましあううちに親しくなり、愛し合うようになるのでした。 そんな時、インスの妻スジンが目覚めます。 甲斐甲斐しく世話をするインスを見て寂しい気持ちになるソヨン。 インスもまたギョンホの世話をするソヨンをそっと見守るのでした。 しばらくしてギョンホが亡くなりソヨンは看護をするために住んでいたホテルを引き払うのですが…。

ヨン様の劇場映画二作目ですが、<スキャンダル>とはかなり違った役柄。 ホ・ジノ監督なので楽しみにしていたのですが、ヨン様は顔に表情が無いし、内面的なものや心の葛藤が伝わってきません。 それに比べ、ソン・イェジンさんは良い女優さんだなと感じました。

インスとソヨンの出番が多く、他の人が殆ど出て来ないので、二人の心の動きや濃密さが伝わってきていいはずなのに、あまり伝わってきません。 甘ったるい音楽が流れ、配偶者の犯した罪の重さについては殆ど描かれず、配偶者の不倫についてももっと驚き苦しんでもいいのに、配偶者の不倫相手と不倫をしてしまうという信じられない展開。 過去にもTVドラマで田宮次郎と吉永小百合で同じようなのがありましたが、そちらの方がマシかもしれません。 

ホ・ジノ監督にはもっと重くてしっかりしたテーマを持った作品を作って欲しいです。 なんてったってあの<八月のクリスマス>の監督なんですから。 監督なら不倫でももっと心の葛藤を描いてくれると思っていました。 俳優がミスキャストだったのでしょうか。 
あまり興味を持てない内容だったせいか、途中で眠くなってしまったのですが、ラストについては満足しています。 この作品とは別に30分以上長いディレクターズ・カット版があって、ラストが違うと言うのでそちらは眠らないようにと思っています。 
D D 
      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画「4月の雪」

    Excerpt: 原題:外出  -4月の雪は儚くも美しい- この映画の見所はなんといっても、ペ・ヨンジュンとソン・イェジンのラブシーンでしょう・・・!物語は交通事故でそれぞれの妻と夫が互いに不倫してい.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-09-08 01:25
  • 映画評「四月の雪」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年韓国映画 監督ホ・ジノ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2007-09-08 03:41