<赤ちゃんの逆襲> 

2003年 フランス・スペイン 90分
原題 Mauvais Esprit
監督 パトリック・アレサンドラン
脚本 パトリック・アレサンドラン  ロラン・シュシャン
撮影 ハビエル・アギーレサロベ
音楽 ロイク・デュリー  クリストフ・ミンク
出演 ティエリー・レルミット  オフェリエ・ウィンテル  レオノール・ワトリング
   ミシェル・ミュレール  フランソワ・ルヴァンタル  マリア・パコム
   クレマンティーヌ・セラリエ

建築家志望の画家シモン(ミシェル・ミュレール)は、自分が学生時代に書いた設計と同じ形の建物を見つけ、その建物を建築した会社の社長ヴァンサン・ポレル(ティエリー・レルミット)に会いに行き、アイディアを盗んだと抗議しますが、相手にされずつまみ出され、帰る途中ポレルの運転する車に撥ねられて死亡してしまいます。

ところがどういうわけか、ヴァンサンが待ち望んでいた妻クリステル(オフェリエ・ウィンテル)の赤ちゃんとして生まれ変わってしまうのでした。 嫌いな人の子になってしまったと、シモンは自分の不運を嘆きますが、心機一転、憎っくきヴァンサンに復讐しようとヴァンサンを困らせるのでした。

赤ちゃんが筋肉モリモリ風に暴れて困らせる場面が楽しかったのと、必死に子育てをしてこんなに可愛がっているのに自分には懐かないで、子育て放棄の妻に懐くと嘆いたり、赤ちゃんが自殺願望があると医者に相談するヴァンサンが気の毒で笑えました。 

最後に誤解が解けると(学生時代の同級生でポレルの秘書の息子セバスチャンがアイディアを盗んでヴァンサンに提供していた)、可愛い声で「パパ」を連発し喜ばせます。 その後シモンは恋人のカルメン(レオノール・ワトリング)がフレディ(フランソワ・ルヴァンタル)と2年前から関係していたことを知り、今度はカルメンの産んだ男の子に生まれ変わるのでした…。
またあの手この手でカルメンを困らせるのでしょうか?
B B


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画『赤ちゃんの逆襲』

    Excerpt: 原題:Mauvais Esprit 輪廻転生なら六つの世界(天界・人間界・修羅界・畜生界・餓鬼界・地獄界)を廻るけど、縁のあった人のあかちゃんに生まれ変わるなんて面白く奇妙だよね・・・ .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-08-07 01:08