<群衆> 

1941年 アメリカ
原題 Meet John Doe
監督 フランク・キャプラ
原作 リチャード・コネル  ロバート・プレスネル
脚本 ロバート・リスキン
撮影 ジョージ・バーンズ
音楽 ディミトリ・ティオムキン
出演 ジョン・ウィロビー:ゲイリー・クーパー
   アン・ミッチェル:バーバラ・スタンウィック
   ノートン:エドワード・アーノルド
   大佐:ウォルター・ブレナン
   コネル:ジェームズ・グリースン

アンの勤める新聞社では経営者が交代し、大量のクビきりが行われ、コラムニストのアンもクビを言い渡されるのでした。
医者であった父を亡くし、母と年下の兄弟の面倒を見ているアンは生活費を失いたくありません。
最後の記事を書いてから辞めるようにといわれたアンは、「君の書く記事が甘い」と言われたのがショックだったこともあり、思い切った記事を書こうと思ったのです。 “どうにもならない世界に抗議して、クリスマス・イブに市庁舎の塔から飛び降り自殺をする”とジョン・ドウという人から手紙が届いたということにして、記事を書いたのです。

この衝撃的な記事に反響が大きく広がり、編集長のコネルに呼び出されたアンは、このことを利用して新聞の売り上げを伸ばそうと言い、ジョン・ドウを仕立て上げようと言うのです。
記事を読んだ人の中には、このジョン・ドウなる人物を雇いたいという人、また我こそはジョン・ドウと言って新聞社に名乗り出る者の行列が出来るのでした。 行列の中にジョン・ウィロービーというマイナーリーグで投手をしていてもうじきメジャーという時に肩を痛めて解雇された人物がいました。 新聞社では、物腰や姿の美しさにジョン・ウィロビーが一班受けするのではと、ジョン・ドウに選び、契約書にサインをさせて豪華なホテルに住まわせるのでした。

ウィロビーと行動を共にしていた友人の大佐と呼ばれる人物は彼を心配し、ろくなことにならないから辞めるようにと言うのですが、聞き入れません。 誰もがジョン・ドウなのだというアンが書いた原稿を読んでラジオ出演をしたり、新聞に取り上げられたりすると、たちまち人気者になり、ウィロビーは民衆の代表のようになり偶像化されていきます。 彼自身も民衆の為に立ち上がらねばと意識を持つようになっていき、アンと共にあちこちで講演し、遂にはジョン・ドウの全国大会が開かれることになるのでした。 

そんな時、これが新聞社の社長ノートンの選挙運動に取り込まれているのだと、酔っ払ったコネルに聞かされたウィロビーは、ノートンに会って全国大会で真実を話すと言うのでした。 するとノートンは、ウィロビーがお金を貰って契約書にサインしたことを、全国大会に集まった民衆の前で暴露します。 ウィロビーは弁解の機会も与えられぬまま、姿を消してしまうのでした。

そしてクリスマス・イブの夜、何処からともなく市庁舎の塔に現れたウィロビーは、塔から飛び降りようとしますが、ウィロビーを心配して駆けつけたアンが必死に止め、その場で気を失うのでした。 傍でこの様子を見ていたジョン・ドウの会員たちは、ウィロビーに、この運動を続けたいので、もう一度ジョン・ドウになって欲しいと頼むのでした。

でっち上げ記事は問題ですが、良い方向に進み、楽しいストーリーでした。 
大佐役のウォルター・ブレナンさんの味わいある雰囲気がステキでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック