<フラガール> 

2006年 日本 120分
監督 李相日
脚本 李相日  羽原大介
撮影 山本英夫
音楽 ジェイク・シマブクロ
出演 平山まどか:松雪泰子
   谷川紀美子:蒼井優
   谷川洋二朗:豊川悦司
   熊野小百合:山崎静代
   吉本紀夫:岸部一徳
   谷川千代:富司純子
   早苗:徳永エリ
   :寺島進  志賀勝  高橋克実

昭和40年、福島県いわき市の炭坑町では、閉山が相次ぎ町の活気が失われようとしていました。 そんな中で町の再生をと計画されたのがレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”。 地元の温泉を利用してフラダンスのショーを目玉に客を集めようとしていたのです。
施設で踊るダンサーを育てるために町から呼ばれた東京のSKDの元ダンサー平山まどかと谷川紀美子を始めとする地元の炭坑の娘たちの葛藤や奮闘振りを綴った常磐ハワイアン・センターの誕生の物語です。

出演者のフラダンスが見事で、特に最後の群舞や蒼井優さんのソロダンスは本人たちが本当に踊っているのだろうかと感動して見入ってしまいました。 昭和40年といえば、誰もがハワイに憧れ新婚旅行にハワイが人気の会った頃だし、フラダンスも新鮮に感じた時期だと思います。
松雪泰子さんが演じた実在の平山まどかさんも、現在もダンスの指導をしているという最後のテロップに元気が出て来ました。
B B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

miyu
2008年03月24日 21:18
蒼井優さんや松雪泰子さんのダンス素晴らしかったですよね。
とても爽快で楽しくもあり、感動的でもあって良かったです。
みのり
2008年03月26日 13:21
すごく上手で驚きました。 おっしゃるように爽快で楽しかったですね。

この記事へのトラックバック

  • 映画「フラガール」

    Excerpt: 泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-06-24 16:54
  • 映画評「フラガール」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・李相日 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2007-06-25 03:47
  • 『フラガール』

    Excerpt: 人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-06-25 21:16
  • ★「フラガール」

    Excerpt: ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-06-25 22:25
  • 『フラガール』

    Excerpt: 人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-07-01 11:04
  • フラガール

    Excerpt:  『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-03-23 17:44
  • フラガール

    Excerpt: 未来をあきらめない Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2010-02-07 11:43