<リバティーン> 

2004年 イギリス 115分
原題 The Libertine
監督 ローレンス・ダンモア
原作戯曲 スティーヴン・ジェフリーズ
脚本 スティーヴン・ジェフリーズ
撮影 アレクサンダー・メルマン
音楽 マイケル・ナイマン
出演 ジョン・ウィルモット(ロチェスター伯爵):ジョニー・デップ
   エリザベス・バリー:サマンサ・モートン
   チャールズ二世:ジョン・マルコヴィッチ
   エリザベス・マレット:ロザムンド・パイク
   伯爵夫人:フランセスカ・アニス
   娼婦:ケリー・ライリー
   エセレッジ:トム・ホランダー  
   オールコック:リチャードコイル

スティーヴン・ジェフリーズの舞台劇の映画化。 17世紀イギリスに実在した放蕩詩人で、二代目ロチェスター伯爵、ジョン・ウィルモットの、お酒と性に溺れ33歳の若さで亡くなるまでの半生を綴っています。

1975年ロチェスターは、国王に王妃の親族のための宴会で、詩を読めと命じられ、社会風刺を孕んだ挑発的で卑猥な詩を読んだため幽閉されます。 
3ヵ月後に許され、妻エリザベス・マレットと共にロンドンで過ごす事になったのですが、またもや悪友たちとお酒を飲み卑猥な話をし、芝居小屋に通い、セックス三昧の毎日。

ある日、芝居で観客のブーイングを受ける新顔の女優エリザベス・バリーに才能を感じ、彼女に芝居の指導をしたいと申し入れます。
様々な悪い噂を知るエリザベス・バリーは警戒して受け入れようとしませんが、ジョンの熱意に押されて指導を受けるようになり、次第に愛し合うようになるのでした。
彼女をロンドンを沸かせる大女優へと変身させたジョンは、国王からフランス大使をもてなす大切な歓迎の一つとして、新たな芝居を書き上げるようにと命じられるのですが、またまた挑発的で卑猥な作品を書いてしまい、追放されてしまいます。

天才だと言われながら、奔放な生活から梅毒に罹り、医者を装いイカサマの薬草を売るなどで生活費を稼ぎ、愛人にも娼婦にも捨てられ、顔が崩れ妻のもとに戻り、病床で今までの生き方を後悔し、生涯を潰えるのでした。

ジョン・ウィルモットという人物を全然知らなかったので、そんな詩人がいたのかと、興味深く観賞しました。
この映画では、優しく面倒を見てくれるお気に入りの娼婦がいても、唯一愛したのはエリザベス・バリーという女優。
若い頃に多額の遺産を引き継いだ富豪の娘エリザベス・マレットを誘拐し、略奪結婚したのに、その妻には手紙で愛を囁きながら実際に会うと暴言を吐き意地悪し苦しめる。
才能があるからなのか?卑猥で衝撃的な作品を書いてしまうなど、なんだかよく解らない人のようですが、チャールズ二世のセリフに、「ジョンの父親が自分を守ってくれたからジョンを守る」みたいなことを言っていたことや、最後にジョンが病身を奮い立たせて演説をし、チャールズ二世を窮地から救ったりなどを見ると、この二人の関係もこのジョン・ウィルモットの生き方に影響があったのかもしれないと感じました。 なので、そこをもう少し知りたい(描いて欲しかった)ような気がしました。 
それと、最後に自身の生き方を後悔しているように描かれていましたが、これだけ破天荒に生きることができたのだから、後悔などせず天晴れに死んで欲しかったな~と思いました。
観ている途中で<クイルズ>を思い出しましたが、<クイルズ>の方が分かり易かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たけちゃ
2007年05月27日 17:31
なんだか訳の分からない映画ってのも多いけど、この映画もそんな映画のひとつでした。あまりに奔放すぎて、共感も憧れも出来ず、・・それでも結構観た人も多いようで、さすがにジョニー・デップの人気は絶大のようですね・・。
みのり
2007年05月29日 09:43
>さすがにジョニー・デップの人気は絶大のようですね・・。
私の周りにもファンが多いようですよ。 私も友人が好きだというので、うつってしまったようです。
miyu
2008年08月05日 17:28
やっぱり理解しにくい人物だったのがちょっと辛かったですね。
ジョニデは魅力的で彼のほれ込んだ脚本を
少しでも理解したかったのですけどね~。
みのり
2008年08月05日 17:51
ジョニー・デップは気分転換にこういった感じのものにも出演してみたかったのかもしれませんね。 miyuさんからTBいただくまでこの映画のことすっかり忘れていました。 もう一度観て見ようかな?
とらねこ
2008年08月06日 15:00
みのりさん、こんにちは。
自分の才能も、若さも、美も、世界に存在する美しいものも、
全てスポイルしダメにしてしまった結果・・
こういうのって、教訓として描かれるとつまらない作品になってしまうんですが、そのギリギリの線が上手く描かれていたように思えます。

痛々しい物語でしたが、私は最後に後悔する、というのは嫌いじゃなかったかなあ、なんて思います・・。
みのり
2008年08月11日 01:04
凡人のわたしにとっては、とても勿体無い生き方をしたように感じてしまいましたが、本人は天才であることが辛かったのでしょうね。 きっと気が付かなくてもいいことまで気付いてしまったりして…。 

この記事へのトラックバック

  • 映画「リバティーン」

    Excerpt: 原題:The Libertine 初めと最後の言葉、私が好きか?・・こんな私でも・・それでも私が好きなのか、どうか私を好きにならないでくれ・・自由奔放に生きた孤独な男の物語。 第二.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-05-19 19:37
  • リバティーン

    Excerpt:  「私を好きになることはあるまい」などと言われると、つい逆らってみたくなっちゃいます。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-05-22 22:49
  • リバティーン

    Excerpt: エロかっこいいジョニー・デップ。 R-15 Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α racked: 2007-05-23 10:18
  • 「リバティーン」

    Excerpt:  劇場を出てから私は直ぐに家路についたが、外を歩く間中、そこかしこに芸術性が横溢しているように感じられた。  信号機の前に垂れ下がる桜の花房が、その明かりの色に代わる代わる染まるのを見ただけで、たい.. Weblog: 首都クロム racked: 2007-05-27 22:50
  • リバティーン

    Excerpt:  『17世紀ロンドン。 天才詩人と舞台女優。 二つの魂が交わった時、悲劇が始まった・・・。』  コチラは4/8に公開されたんですが、ジョニー・デップが「脚本の冒頭3行を読んで、出演を即決した。後.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-08-04 20:22
  • 149.リバティーン

    Excerpt: これを見て自分を好きになれるか?とカメラ目線で語りかけるジョニー・デップ。大ヒットシリーズの『パイレーツ・オブ・カリビアン~』のシリーズの1と2の間の公開作品がこれっていうのが、なんだかとってもジ.. Weblog: レザボアCATs racked: 2008-08-06 14:56