<ダウン・バイ・ロー> 

1986年 アメリカ・西ドイツ 107分
原題 Down By Law
監督 ジム・ジャームッシュ
脚本 ジム・ジャームッシュ
撮影 ロビー・ミューラー
音楽 ジョン・ルーリー
出演 ザック:トム・ウェイツ
   ジャック:ジョン・ルーリー
   ロベルト:ロベルト・ベニーニ
   ロレッタ:エレン・バーキン
   ニコレッタ:ニコレッタ・ブラスキ
   ボビー:ビリー・ニール
   ギグ:ロケッツ・レッドグレア
   プレストン:ヴァーネル・バグネリス

ニューオリンズに住むチンピラのジャックはギグに騙され刑務所に入れられてしまいます。 同じ監房のディスクジョッキーのザックもまた、旨い話に乗せられて騙されたのでした。 態度の大きいジャックを快く思わないザックでしたが、殺人を犯した?というロベルトというイタリア人旅行者が同じ監房に入ってからは、彼の片言の英語が二人の心を和ませるのでした。 ロベルトは二人に脱獄しようと誘います。 

堂々としていたせいなのか何故か簡単に脱獄できてしまった三人は、川を渡り野原や森を抜けボートに乗ったのは良いのですが、方向を見失い、同じところを堂々巡りをしているようでした。 ボートも沈んでしまい喧嘩になってしまいます。 しばらくすると喧嘩をしていても仕方ないので、互いに人生をぼやいたり母親の得意だった料理の話をしたりして、仲直り。
その後一軒の店を見つけた三人のうち、ロベルトがまず偵察に行きます。 なかなか戻らないので様子を見に行った二人は、ワインと御馳走でもてなされているロベルトを見つけます。 ロベルトは、その店にいるニコレッタという女性に一目惚れしてしまったと言うのでした。 翌日、ロベルトはニコレッタと共にこの地に残ることを決め、ジャックとザックは旅を続けるのでした。 二人は二つに分かれた道のところで左右に分かれ、それぞれの道を歩み始めるのでした。

惚けた感じのユーモアが楽しい珍道中で、気のよさそうな三人三様の個性が楽しいし、ハーモニーが素敵でした。
女優さんも魅力的でステキでした。 
A A 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック