<ベルンの奇蹟> 

2003年 ドイツ 119分
原題 Das Wunder von Bern
監督 ゼーンケ・ヴォルトマン
脚本 ゼーンケ・ヴォルトマン ロッフス・ハーン
撮影 トム・フェーアマン
音楽 マルセル・バルゾッティ
出演 マチアス・ルバンスキー:ルーイ・クラムロート
   リヒャルト・ルバンスキー:ペーター・ローマイヤー
   クリスタ・ルバンスキー:ヨハンナ・ガストドロフ
   ブルーノ・ルバンスキー:ミルコ・ラング
   イングリット・ルバンスキー:ビルテ・ヴォルター
   ヘルムート・ラーン:サーシャ・ゲーペル

第二次世界大戦後の1954年の西ドイツ。 戦争に行ったまま戦後もソ連の捕虜になっていつ帰れるか分からない父リヒャルトを待ちながら、母クリスタはバーを経営し、バンドをしている兄ブルーノ、母の仕事を手伝っている姉イングリッド、サッカー好きの11歳のマチアスを育て、貧しいながらも楽しく暮らしていました。
マチアスは地元のサッカー選手ラーンに憧れ、ラーンをボスと呼び、自分がいないとボスが勝てないと言っては、ボスの鞄を持っていつも試合について行くのでした。
ラーンがW杯のドイツ代表メンバーに選ばれスイスに行くことになりますが、マチアスは付いて行くことができません。 
マチアスはウサギのアーツェとブラッキーを可愛がり、W杯の試合の行方を心配しながら、友達とサッカーをして日々を過ごしていました。
そんな時、父のリヒャルトが戻ってきます。 マチアスは父が出征してから生まれたので急に父親が現れても変な感じ。
リヒャルトは敗戦後の辛い捕虜生活の後遺症と、慣れない生活環境に苛立ち、家族との生活に馴染めず、なにかと口煩く叱るので、家庭内がギクシャクしてしまいます。 一生懸命家族のためと思ってすることが空回りしてしまうのです。
マチアスはラーンを応援したくて家出をしますが、心配した父親に見つかり家に閉じ込められ…。

始めこれはサッカー映画だと思って見ていたのですが、本筋は家族の再生のドラマでした。 
サッカーの場面もたくさんありましたが、ベルンの奇蹟、不況に苦しむ人々を背景にしたルバンスキー一家の物語でした。
リヒャルトは神父に車を借りてマチアスを乗せ、ベルンのW杯決勝を見に旅立ちますが、ボロ車はなかなか会場に辿り着けません。 
車の中でリヒャルトがマチアスに言った想像力で何でもできるという収容所で覚えた技。 「想像すれば好きなだけ食べることが出来た。目を閉じればベルンにも行ける。」という言葉は素敵でした。 その時マチアスが目を閉じて想像している姿も可愛らしい。 だから後半戦の途中に辿り着けた時は試合に勝った時より嬉しかったです。

それにしてもクリスタのバーでテレビ観戦している人達の真剣さや、放送しているアナウンサーの報道ぶりが熱くて何だか可笑しくなってしまいました。
この映画を見ると、1954年のスイスのベルンで、過去4年半無敗記録を持つハンガリーに3:2で勝ち、ドイツがW杯サッカー世界王者になったというのが、どのくらい敗戦後のドイツ国民に勇気と希望を与えたのかが伝わってきます。
南ドイツ新聞の記者アッカーマンと妻アネットの存在も楽しかったです。
最後の“54年度W杯のメンバーが共に戦うことはなかった”と書かれていたテロップはその後の歴史を感じさせました。
そういえばお兄ちゃんのブルーノは、「東ドイツは失業も無く言論が自由で貧富の差が無い」と言って、音楽の仕事を探しに出かけてしまいましたが、ベルリンの壁が出来てしまう前に戻ってきて欲しいと願うばかりです。 
B B

この記事へのコメント

オカピー
2006年12月08日 15:46
TB致しました。
物語はともかく、構成上のバランスが悪いと感じましたので、余り褒められなかったです。寧ろ欠点の方が目立つくらいでした。
日本においても、僕くらい構成や作りをうるさく言う人はそれ程いませんので、悪しからずお願い致します。
みのり
2006年12月08日 23:23
マチアス少年が可愛らしかったのと、頑固そうなお父さんの心が疲れていて意固地になってしまった感じだけで充分置かれている状態が感じられたし、W杯を背景にしたことでその家庭の問題だけでなく一般的な状況も感じることが出来たのでまあまあかなと思いました。 でもベルンの奇蹟というのでサッカーが奇蹟な訳で、家庭再生は奇蹟とはいえないからそこがよくわかりませんでした。

この記事へのトラックバック

  • 映画評「ベルンの奇蹟」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2003年ドイツ映画 監督ゼーンケ・ヴォルトマン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-12-08 15:41