<シンデレラ> 

1950年 アメリカ 76分
原題 Cinderella
監督 ウィルフレッド・ジャクソン  ハミルトン・ラスケ
   クライド・ジェロニミ
製作 ウォルト・ディズニー
脚本 ビル・ピート  テッド・シアーズ  ホーマー・ブライトマン
   ケネス・アンダーソン  アードマン・ペナー  ウィンストン・ヒブラー
   ハリー・リーブス  ジョー・リナルディ
音楽 オリヴァー・ウォーレス  ポール・J・スミス

ガラスの靴とかぼちゃの馬車、12時までに帰らないと魔法が解けてしまうという、ペローの童話「シンデレラ」のミュージカル・アニメです。 子供の頃母に連れられて観にいった思い出深い作品です。 
今見直してみると、童話のシンデレラの本来のストーリーの方より、鳥やネズミ、猫、犬たちとのお話の方がずっと楽しいことに新しい発見をしました。
ネズミと猫の関係は、<トム&ジェリー>の原型みたいで、どちらが本家なのかと思います。 もっとも猫ちゃんはトムの方がずっと可愛いですけど。
「ビビディ・バビディ・ブー」や「夢はひそかに」などの名曲が楽しかったです。
B B

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画評「シンデレラ」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 1950年アメリカ映画 監督ウィルフレッド・ジャクスン、ハミルトン・ラスケ、クライド・ジェロニミ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2007-02-07 15:57