<ポカホンタスII/イングランドへの旅立ち> 

1998年 アメリカ 74分
原題 Pocahontas II: Journey to a New World
監督 ブラッドリー・レイモンド  トム・エルリー
脚本 アレン・エストリン  シンディ・マーカス  フリップ・コブラー
音楽 レニー・ニーハウス
出演 ポカホンタス:アイリーン・ベダード:土居裕子
   ジョン・ロルフ:ビリー・ゼイン:安崎求
   ジョン・スミス:堀内賢雄
   ジョン・ラトクリフ総督:有川博
   パウアタン首長:津嘉山正種

<ポカホンタス>のその後を描いたオリジナルビデオの続編で、ポカホンタスが英国人貴族ジョン・ロルフの案内でイギリス国王に謁見したという史実をベースに描いています。

怪我をして治療のためイギリスへ帰ったジョン・スミスですが、イギリスに帰ると反逆罪で追われる身になっていました。 そして総督はジョンを追い詰め、塔の上から突き落とすのでした。 ジョンは死んでしまったと思っているのですが…。
一方、ラトクリフ提督の話を聴いた国王は、総督の話を信じてはいましたが、事の真相を確かめるために、ジョン・ロルフに命じ、部族の長を連れて来るように命じるのでした。

突然、国王の使者で英国貴族のジョン・ロルフが村を訪れ、ジョン・スミスにかけられた嫌疑について証言をするためにイギリスに来るようにといわれた首長は、ポカホンタスにその役目を命じます。
ポカホンタスはイギリスに渡り、文化の違いに驚きます。 せっかくロンドンに行ったものの部族の長でないから会わないという国王に、ロルフは王女だと説明、するとラトクリフは舞踏会に呼ぶのなら国王も賛成すると答え、国王もしきたり通りできたら攻めに行かないと言うのでした。
ロルフからイギリスのしきたりを学び、国王に謁見し、パーティで国王に艦隊を止めて欲しいと頼みますが、パーティを仕切っている提督の罠に掛かり、牢に入れられてしまいます。
ロルフも反逆罪に問われそうになるのですが、酒場で事情を知ったジョン・スミスは(生きていたのです!)、ロルフと一緒にポカホンタスと彼女の護衛を助けに行きます。
助けられたポカホンタスは、自分たちの文化を国王にお見せして理解してもらおうと、もう一度宮殿にいつもの服装で出掛け自分たちの住んでいる所には金が無い事を話します。
スミスも総督の言っている事は嘘だと国王に伝え、艦隊を止めにいくのでした。 総督は逮捕され、ロルフは王室の顧問になるのでした。

ジョン・スミスとの恋の行方が気になっていたのに、ジョン・ロルフという素敵な英国貴族の青年が現れ、最後にはスミスが生きているたのにそれぞれの道を生きることになったというのは、ちょっと残念な感じです。
B C

<ポカホンタス>
<ニュー・ワールド>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ポカホンタス

    Excerpt: 1607年のアメリカ、今のヴァージニア州にイギリスから開拓団がやってきた。そこで一行のひとりジョン・スミス(声:メル・ギブソン)は先住民の娘ポカホンタス(声:アイリーン・ベダード)と出会い、恋に.. Weblog: 1-kakaku.com racked: 2007-02-26 06:12